フレアネットワークス 市場分析 アルトコイン

FlareNetworksがライトコインを統合とSparkトークン報酬受取方法

FlareNetworksがライトコインを統合とSpark報酬受取方法

概要

ライトコイン(Lite coin/LTC)は2021年1月8日にFlareNetworkと統合することが公表されました。統合することでライトコイン保有者は報酬を受取れます。いつ、どのように報酬を受取ことができるのか紹介します。

FlareNetworksは2020年12月12日にリップル(XRP)のスナップショットが開始されエアドロップ予定ですがライトコイン(Lite coin/LTC)はエアドロップはありません。代わりに報酬の受取方法があります。

2021年4月4日現段階では具体的な報酬受取方法は公表されていませんが現在公開されている情報を提供いたします。今後も新しい情報が公開され次第更新していきます。


FlareNetworksとライトコイン(Lite coin/LTC)の統合

Twitterによるライトコイン統合の発表

2021年1月8日にFlare Networksからライトコインと統合のツイートがありました。

Twitter内容を翻訳

Flareは、第2四半期(2021年4月1日〜6月末の間)のFlareネットワークの立ち上げに先立ち、Sparkトークン(FLR)とライトコイン(Lite coin/LTC)を統合する予定です。

Flareファンデーションが保有する予定だったトークンの50億FLRの割当てを減らしライトコイン(Lite coin/LTC)保有者に配布できるよう調整しました。

ライトコイン(Lite coin/LTC)のブロックチェーンとXRPLedgerとの相互運用性と構成可能性が実現します。詳細は2020年1月12日週に発表します。

Sparkトークンは総発行数が1000億FLRと決まっています。その中でXRP保有者(2020年12月12日午前0時00分のスナップショット時点)にエアドロップ分458億FLRをすでに配布予定になってます。

さらにライトコインで50億FLRを割り当てます。残りの492億FLRはFlareファンデーションが保有します。

ライトコインファンデーションの立場

Twitterで立場表明

Twitter内容を翻訳

素晴らしいニュースです。

スマートコントラクトの機能と相互運用性が実現するのを見て非常に興奮していますLitecoinとフレアを通して!

ライトコイン側も大変喜んでいるのでいい方向に進んでいくことでしょう。

ライトコイン専用のリワード(報酬)プール

Flare Networksの初動

XRPがFlare Networksをサポートした後の最初の動きとして、50億FLRのプールがライトコインの参加者に捧げられています。これは、Flareとのコミュニティの関与と、FLTCを使用するFlareでのアプリケーションの構築を奨励し、FLRトークンの所有権の輪を広げることを目的としています。50億のFLRプールは、存在するFLRの量を増やすのではなく、FlareFoundationに発生する量からリダイレクトされます。

ライトコインの報酬についての計算方法

FLRリワードプールの一定の割合が、スマートコントラクトによってFLTC保有者に毎日配布されます。各参加者の報酬は、フレアに存在するFLTCの全量に対する彼らが保有するFLTCの量に基づいて計算されます。配布をトリガーするには、フレア上のFLTCの妥当な最小総残高が必要になります。たとえば、特定の日に、Flare 1000 FLTCが存在し、個人が50 FLTCを所有している場合、その日の専用FLTC報酬の5%を受け取ります。

プールは固定サイズであるため、これは、FLRの最大数値が初日に支払われ、それ以降は毎日非常にゆっくりと減少することを意味します。詳細と正確な1日の割合は、発売間近で確認されます。

FLTCがFlareのアプリケーションで使用されている場合、ユーザーは、アプリケーションが毎日の報酬を最終的なFLTC所有者に再配布することを確認する必要があります。

一般的なF-ASSETリワード(報酬)プール

ライトコインと同様に、フレアに関与する各コミュニティの参加と部分的なネットワーク所有権を奨励することが重要です。そのため、一般的な報酬プールを定義し、そのサイズを増やしています。一般的な報酬プールは現在、除外とXRPクジラの上限からFLRトークンを取得しており、これは合計で約70億FLRです。これに、フレア財団からの転用によってさらに50億が追加され、財団は現在200億FLRで始まります。さらに、以前の配布計画から行っている唯一の大きな変更は、2021年6月11日の6か月の請求期間の満了時にXRP保有者によって請求されていないFLRが一般報酬プールに移動することです。

合計は他の人の行動によって部分的に決定されますが、現在のデータに基づいて、このプールは少なくとも200億FLRになる可能性があります。

詳細と正確な割合は、発売間近で確認されます。F-AssetがFlareのアプリケーションで使用されている場合、ユーザーは、アプリケーションが毎日の報酬を最終的なF-Assetの所有者に再配布することを確認する必要があります。

Flare CommunityによるLTCの報酬取得の全容

Flare Communityは、F-Assets(FXRP、FLTCなど)のすべての所有者が受動的な収入を受け取ることを発表しました。プログラムの枠組みの中で、支払いは毎日所有者のポケットに入れられます。最新の支払い額は、実際のF-Asset / FLR価格を考慮して計算されます。

FlareブロックチェーンのサポーターであるFlareCommunityは、XRPとLitecoin(LTC)の保有者の間で報酬がどのように分配されるかについていくつかの詳細を共有しました。

参考動画(Flare Network - Reward Pools & Litecoin Distribution)ですが全て英語です。字幕を日本語に設定するとある程度わかります。

今後のライトコイン(Lite coin/LTC)

統合後のLiteコインの取り扱い

最近、FlareNetworksのCEOであるHugoPhilionは、RaoulPalのRealVision Cryptoテレビチャンネルとのインタビューで、2021年5月にFlareブロックチェーンをメインネットで立ち上げる予定であることを視聴者に伝えました。

具体的な報酬取得方法の詳細情報はメインネット立ち上げ後になります。分かり次第随時記事をアップデートしていきます。

口座開設

Sparkトークンが無償でもらえるのであれば購入しておくと大変お得です。

もし、口座開設していないのであれば、こちらがおすすめです。前回のXRPでのSparkトークンのエアドロップも以下の口座は割当予定の会社になってます。

コインチェック国内最大級の14種類の仮想通貨を取扱い(2020年10月)です。通貨が多いので突然ほしい仮想通貨を買いたいと思っても購入可能です。
bitFlyer老舗の取引所でスマホで簡単売買が可能です。入出金についても即時入金機能が豊富に揃えられているのでスムーズに取引可能です。そして仮想通貨サービス現利用率 No.1
DMM Bitcoinレバレッジ取引で利益を大きく上げたい短期売買を目的とした投資家の方に最も相性がいい取引所です

FlareやSparkトークン、ライトコインの基礎知識

FlareNetworksの情報について以下の3つの記事でもまとめられていますので知りたい方はこちらからご覧ください。

通貨紹介
リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法
リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法

リップルに関連するSparkトークンが2020年12月12日(土)に公開されます。それに伴い、現在、リップルを保有している人は無償でSparkトークンをもらうことができるAirDropというイベントがあります。詳細はこちら

続きを見る

Flare
Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の情報
Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の正体と将来の展望

Sparkトークンとはどのような暗号資産(仮想通貨)なのか。まだ、ICO前なのに取引できるのはどうしてかさまざまな不明点があるので疑問を解消していきます。

続きを見る

ライトコイン
Liteコイン財団
ライトコイン(LiteCoin-LTC)の特徴と2021年今後の展望

ライトコインの基本情報を解説しています。ビットコインを元に作られたライトコインはビットコインとの性能の差や今後のライトコインの発展について説明しています。あと2021年の相場変動の予想もしているのでご覧ください。

続きを見る

まとめ

Sparkトークンはライトコイン(Litecoin/LTC)を統合することで暗号資産(仮想通貨)の地位が非常に高まります。2021年4月4日現在ではSparkトークンは上場すらしていませんが主要暗号資産になる可能性が非常に高い暗号資産の一つです。

まだ、未決定のことが多いですが分かり次第随時更新していく予定です。

-フレアネットワークス, 市場分析, アルトコイン

© 2021 仮想通貨の学校