市場分析

米SECがRipple社を訴えた詳細と衝撃的下落したXRPの今後

アメリカ証券取引委員会の権力

概要

アメリカの証券取引委員会が2020年12月22日にリップル社を訴えました。それによりXRPの価格が大幅に下落し世界中の取引所で販売停止状態に陥るぐらい影響が出ています。

一体、今後リップル(XRP)はどうなるのか。今後国際送金システムはどのような推移を見せるのか推測しています。


米SECがリップル社を告訴

リップル社を告訴とXRP価格

2020年12月22日
アメリカの証券取引法を違反しているという考えで米SECがリップル社を訴えました。

リップル(XRP)の価格は暴落しました。
リップル暴落チャート
60円近辺で推移していたのがいきなり25円以下まで暴落しました。半分以下の価格になりました。

米SECからリップル社への訴訟内容

・XRPを有価証券とみなし、証券法の投資家保護違反で訴える
・未登録証券で13億ドル以上調達したこと
・日本を含む仮想通貨交換業者に対して、流通市場で仕入れるよりも1~3割安く仕入れることができる提案

米SECの告訴に対する検証

すでにビットコインとイーサリアムは分散化されているため、有価証券ではないとSECは主張しています。

ビットコインはともかくイーサリアムは暗号資産でリップル(XRP)は暗号資産でないという見解は通るのだろうか。

リップルもイーサリアムも同じアルトコインです。同じアルトコインに差異があるのは公平性に欠けますが、米SECはこのような不公平なことをして今後どのように示しをつけるのか疑問が残ります。

公平な裁判が開かれれば問題は解決すると思いますが時間がかかります。

XRPの様々な立場の見解

リップル社の対応

米SECに対して異議申し立てをしています。法的に争うことは必須です。

米SECがマーケットに多大な影響を与えたことについてはいうまでもありません。今後上場廃止のリスクも増えてきています。

SEC長官のJay Claytonがバイデン政権になり退陣が決まっていたからヤケクソで訴えた感もあります。次の政権でどのように判断するのかみていかなくてはならないでしょう。

SBIの反応

リップル社が間違ったことをしていないのでSBIは全面的にサポートを表明しています。

SBIの代表取締役北尾さんもこの問題は長期化する可能性が高いが勝つと信じています。

直近はSBIグループの株価にも影響をしており、2020年12月24日の株価は暴落しました。
ソフトバンク株価

しかし長期で見ると勝利するので価格は上昇していくでしょう。

市場の影響

国内でもディーカレットやフォビ・ジャパン等の取引所がXRPの一部サービスの一時停止しています。無期停止する取引所もあれば一時的に停止する取引所もあります。

今後影響は増えていくと予想します。

アメリカの政治とXRP

政治家の思想の問題

アメリカの政治的圧力によって今回のケースは起きたと考える人もいます。

トランプ政権とバイデン政権

トランプ前大統領は「暗号資産は信用できない」とTwitterでツイートしています。バイデン政権は特に暗号資産に触れていないですが可能性があるのはバイデン政権です。

次期大統領によって暗号資産の未来は変わると思います。また、中国が暗号資産でも覇権を狙っているので用意に明け渡すということはないでしょう。

アメリカの弁護士もリップル社が正しいと言っているので負けることはないだろうと思います。

そして、値段が下がった時こそ買いのチャンスです(投資は自己責任でお願いします。)

2021年の値動き

2021年初旬は裁判もあるので低迷しているのですが、中旬ぐらいはリップルネットの加入が継続しているので一気に価格が上昇するでしょう。年末には100円、200円程度の価格が動いていることでしょう。

米SECの動向

2020年末に大きな影響を与えましたが決着がつくまでは影響を与え続けます。

2021年2月22日に米証券取引委員会のRipple訴訟、審理前会議が開催されます。この結果次第では大きな値動きが予想されます。

2021年のXRPの動向を握る大きな要因です。波乱はありましたがバイデン政権に変わり米SECの動きは多少軟化するものだという憶測が流れています。明るいニュースが若干多いですがまだ不安要素もあるので上場廃止になる可能性も0ではありません。

XRPは仮想通貨でないという日本や海外の金融庁のようなところが認定しているのでこのまま行くと暗号資産として認められ大幅な値上がりが期待できると思います。

そして,審理前会議でリップル訴訟のスケジュールが裁判所によって正式に承認されました。

SECとリップル社裁判スケジュール

2021年3月31日書類提出
2021年4月15日SEC チェアマン ゲンスラー就任
2021年6月4日質問書提出期限
2021年7月2日証言録取の期限
2021年7月2日ディスカバリ(証拠開示手続き)の期限
2021年8月2日専門家の報告書

特にディスカバリの期限が大きな分岐点となる可能性があります。ディスカバリ(証拠開示手続き)とは、相手方から証拠などを入手する手続きです。

そして、ディスカバリの結果次第では、リップルとSECが和解する可能性もあります。7月2日は大きな分岐点となる可能性がある。現在のところ両者から和解の見通しはないとの共同文章が提出されていることから、現時点での和解の可能性は低いと見られています。

最近の流れ

2021年4月17日SECのチェアマンにゲイリーゲンスラーを就任しました。

ゲイリーゲンスラーは暗号資産についての知見があり比較的に好感が持てます。以前のSECチェアマンのジェイクレイトンは暗号資産に否定的な人物でよく特定の仮想通貨をターゲットにして訴えてはお金を徴収していましたが今後はそのようなことがない期待が持たれています。

現状はリップル社が米SECよりも優位な立場に立っていますがリップル社の海外の取引先への妨害行為を行うなど嫌がらせ行為が続いている状態です。裁判が終わったとしても「まだ訴追する可能性がある理由を作って」次に繋げる終わり方をする可能性があります。

まとめ

アメリカで大きな影響を与えるリップル社を潰すことでアメリカにとってメリットは全くなくより中国に覇権を明け渡すだけのことをしないだろうと思います。

一貫して長期的には価格は上昇すると予想します。

XRPを取り扱っている取引所はこちら

コインチェック

-市場分析

© 2021 仮想通貨の学校