Flare Networks - フレアネットワークス

フレアネットワークス

SparkトークンやFTSOといったFlareNetworks(フレアネットワークス)関連やFlare Finance(フレアファイナンス)のTokenomicsやDestribusionsといったDefi情報を蓄積したカテゴリです。
FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー

FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー

2021/6/15  

Flare Finance Tokenomics(トークンエコノミー)であるYieldFlare(YFLR)、YieldFin(YFIN)、DAOFlare(DFLR)の3種類について解説しています。

XRP台帳のAurei とTCN Token|トラストライン

XRP台帳のAureiとTCN Token|トラストライン

2021/6/9  

トラストラインのプロジェクトの概要について説明しています。AureiやTCNTokenといった暗号資産とXRPLedgerに載っている仕組みについて解説していきます。

FlareFinanceホワイトペーパー

FlareFinanceホワイトペーパー1.0日本語訳

2021/6/14  

Flare Financeのホワイトペーパー1.0を翻訳しました。Flare Finance、Tokenomics(トークノミクス)、Distributions(分布)、ガバナンス体制の4つを中心に詳細まで解説しています。

FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス

FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス

2021/6/17  

FTSOはフレアネットワークにとっては心臓のような存在です。その仕組みについての解説とパッシブインカムという収益を得る2つの方法を説明していきます。SparkやF-Assetを保持していると収益を得ることができます。

FlareNetworksのFアセットと統合された暗号資産

FlareNetworksのFアセットと統合された暗号資産

2021/4/24  

Flare NetworkのFアセットについて解説しています。Fアセットについて詳しく解説している日本語のドキュメントが少なかったのでこちらでまとめました。

FlareFinanceはどのような組織で役割なのか調査しました

FlareFinanceはどのような組織で役割なのか調査しました

2021/4/16  

Flare Financeは、XRP(高速決済)、Ethereum(スマートコントラクト)、Avalanche(コンセンサス)の長所を組み合わせ、XRPとFLRの保有者に有用性をもたらすFlare Network上のDeFi(分散型金融)プラットフォームです。

FlareNetworksのCostonTestnetの使い方

FlareNetworksのCostonTestnetの使い方

2021/4/24  

FlareNetworksのCostonTestnetの使い方について紹介しています。iPhoneでどのようにすればテストできるようになるのか案内してます。今回はテストネットの送金ができるまで紹介してます。

Flareグループの役割と今後の戦略や計画を検証

Flareグループの役割と今後の戦略や計画を検証

2021/3/8  

Flareにはコミュニティやファイナンスなどのグループが存在します。グループが増えてきてどの役割になっているのかわかりづらくなってきました。そこでそれぞれFlareとしてどのグループがどの役割をになっているのか解説していきます。

Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の情報

Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の正体と将来の展望

2021/3/5  

Sparkトークンとはどのような暗号資産(仮想通貨)なのか。まだ、ICO前なのに取引できるのはどうしてかさまざまな不明点があるので疑問を解消していきます。

FlareNetworksがライトコインを統合とSpark報酬受取方法

FlareNetworksがライトコインを統合とSparkトークン報酬受取方法

2021/6/5  

ライトコイン(Lite coin/LTC)は2021年1月8日にFlareNetworkと統合が公表されました。統合するとライトコイン保有者は報酬を受取れます。いつ、どのように報酬を受取れるのか紹介します。

リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法

リップル(XRP)保有でSparkトークンをエアドロップ国内取引所での受取方法

2021/6/18  

2020年12月12日にリップル(XRP)を保有していた人は無償でSparkトークンを取得できるエアドロップというイベントがあります。どうすれば受取れるのか受け取り条件は何か解説しています。

© 2021 仮想通貨の学校