トップページ

仮想通貨の学校について

仮想通貨の学校は暗号資産(仮想通貨)の投資について解説しています。国際送金や決済についてもフォーカスして記事を作成してます。また、サイトオーナーがリップルやライトコインを保有しているのでリップルとSparkトークン、ライトコインについては特に取り上げていく予定です。

さらに、暗号資産(仮想通貨)の国内・海外の取引所の紹介で読者がどの取引所で口座開設するのが適しているのか判断していただく材料も提供しています。

仮想通貨の学校 カテゴリ別更新情報

取引所紹介


コインチェック|暗号資産(仮想通貨)取扱数国内No1で多機能取引所
コインチェック|取扱い暗号資産(仮想通貨)数が国内No1の取引所

Coincheck(コインチェック)は取扱い仮想通貨数国内でNo1の取引所です。取引所と販売所の両機能を有していてレバレッジ取引も可能です。しかも、ステーキングやレンディング(貸暗号資産)といった仮想通貨を増やすこともできます。

bitbankは暗号資産(仮想通貨)の人気国内取引所
Bitbankは暗号資産(仮想通貨)の優れたチャート機能の取引所

Bitbank(ビットバンク)は取引所と販売所の機能を備えた取引所です。注文方法も指値と成行のみで非常にシンプルです。チャートもわかりやすくテクニカル分析をしたい人には非常に馴染むことができます。

bitflyer|Brave連携ウォレットの暗号資産(仮想通貨)取引所
bitflyer|Brave連携ウォレットの暗号資産(仮想通貨)取引所

bitflyer(ビットフライヤー)は国内の暗号資産(仮想通貨)取引所です。取引所、販売所、レバレッジ取引、先物取引といった豊富な暗号資産(仮想通貨)の取引があるだけでなくステーキングやウォレットとして多様な使い方ができる会社です。

暗号資産(仮想通貨)おすすめ国内・海外取引所比較ランキング2021年版
ビットコイン・仮想通貨おすすめ取引所口座開設比較ランキング2021

暗号資産(仮想通貨)バブルが再び到来した2021年の仮想通貨の取引所・販売所を比較。取引所の機能や取引通貨を比較してどこの取引所が一番合っているか比較検討してください。おすすめ順をランキング形式で発表しています。参考までにご覧ください

XRPとFlare関連に相性のいい暗号資産海外取引所Bitrue
Bitrue|XRPとFlare関連に強い暗号資産海外取引所

Bitrue(ビットゥルー)というシンガポールを拠点とする海外の暗号資産取引所で日本の取引所にはないサービスも多くあります。特にXRPやFlare関連の取引をしたい方におすすめです。他にもサービス豊富なので紹介しています。

通貨紹介

リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法
リップル(XRP)保有でSparkトークンをエアドロップ国内取引所での受取方法

2020年12月12日にリップル(XRP)を保有していた人は無償でSparkトークンを取得できるエアドロップというイベントがあります。どうすれば受取れるのか受け取り条件は何か解説しています。

FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス
FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス

FTSOはフレアネットワークにとっては心臓のような存在です。その仕組みについての解説とパッシブインカムという収益を得る2つの方法を説明していきます。SparkやF-Assetを保持していると収益を得ることができます。

米証券取引委員会(SEC)ーリップル社への訴訟内容とXRPの今後
米証券取引委員会(SEC)ーリップル社への訴訟内容とXRPの今後

米証券取引委員会(SEC)が2020年12月22日に事前通告なしで突然リップル社を起訴しました。アメリカを中心に世界中の暗号資産取引所で販売停止状態に陥りました。今後リップル(XRP)はどうなるのかを検証します。

FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー
FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー

Flare Finance Tokenomics(トークンエコノミー)であるYieldFlare(YFLR)、YieldFin(YFIN)、DAOFlare(DFLR)の3種類について解説しています。

FlareFinanceホワイトペーパー
FlareFinanceホワイトペーパー1.0日本語訳

Flare Financeのホワイトペーパー1.0を翻訳しました。Flare Finance、Tokenomics(トークノミクス)、Distributions(分布)、ガバナンス体制の4つを中心に詳細まで解説しています。

仮想通貨の基礎

中央銀行デジタル通貨(CDBC)のプラットフォーム候補XRPLedger
中央銀行デジタル通貨(CDBC)のプラットフォーム候補XRPLedger

デジタルドルやデジタル人民元が世界で注目されています。中央銀行が発行するデジタル通貨です。実際に紙幣やコインが存在しない法定通貨が近い将来現実化し、そこにはリップル社管轄の XRP Ledgerが検討されています。

暗号資産(仮想通貨)と中央銀行デジタル通貨(CDBC)の違いと共通点
暗号資産(仮想通貨)と中央銀行デジタル通貨(CDBC)の違いと共通点

暗号資産(仮想通貨)と最近よく話題になっている中央銀行デジタル通貨(CDBC)の違いと共通点は何か。CDBCを検討している通貨の簡単な概要と今後の経済にどのような影響を与えるのか考察してみました。

Flareグループの役割と今後の戦略や計画を検証
Flareグループの役割と今後の戦略や計画を検証

Flareにはコミュニティやファイナンスなどのグループが存在します。グループが増えてきてどの役割になっているのかわかりづらくなってきました。そこでそれぞれFlareとしてどのグループがどの役割をになっているのか解説していきます。

ブロックチェーン技術のスマートコントラクト仕組みとイーサリアム
スマートコントラクトの仕組みとイーサリアム等の暗号資産の関係

スマートコントラクトの仕組みを理解すればイーサリアムの価値がわかります。今の暗号資産(仮想通貨)のイーサリアムの価格がどのような状況か理解できます。イーサリアムの正体と今後の展望を踏まえつつ将来性を記事にしています。

分散型金融Defiと分散型アプリケーションDAppsの関係性
分散型金融Defiと分散型アプリケーションDAppsの関係性と未来

Defi(分散型金融)やDapps(分散型アプリケーション)について聞いてもよくわからなかったことをシンプルでわかりやすく説明しています。また、将来のDefiの位置付けや今後の未来も予想しています。ぜひご覧ください。

トレード

米証券取引委員会(SEC)ーリップル社への訴訟内容とXRPの今後
米証券取引委員会(SEC)ーリップル社への訴訟内容とXRPの今後

米証券取引委員会(SEC)が2020年12月22日に事前通告なしで突然リップル社を起訴しました。アメリカを中心に世界中の暗号資産取引所で販売停止状態に陥りました。今後リップル(XRP)はどうなるのかを検証します。

2021年版 暗号資産リップル(XRP)の動向分析と今後の予想
暗号資産(仮想通貨)リップル(XRP)の将来性と今後の価格予想

2017年から2020年までのリップル(XRP)の動向を分析し2021年の値動きを予想しました。スパークトークンエアドロップのプラス要因や米SECのリップル社を訴えるマイナス要因、そしてビジネス展開について記事にしてます。

FlareNetworksがライトコインを統合とSpark報酬受取方法
FlareNetworksがライトコインを統合とSparkトークン報酬受取方法

ライトコイン(Lite coin/LTC)は2021年1月8日にFlareNetworkと統合が公表されました。統合するとライトコイン保有者は報酬を受取れます。いつ、どのように報酬を受取れるのか紹介します。

億り人を狙う3つの暗号資産リップル(XRP)・イーサリアム・ライトコイン
億り人を狙う3つの暗号資産リップル(XRP)・イーサリアム・ライトコイン

2021年2月、億り人を目指して暗号資産(仮想通貨)を購入する人が多く、どれも価格上昇し注目を浴びてます。億り人になる可能性はあるのかリップル(XRP)とイーサリアム、ライトコインの3つの暗号資産を検証します。

暗号資産(仮想通貨)のビットコインFX(証拠金取引)自動取引で利益
暗号資産(仮想通貨)のビットコインFX(証拠金取引)自動取引で利益

暗号資産(仮想通貨)のビットコインの自動取り引きについての案内です。AIを利用しているシステムトレードで取引をすればするほどデータが蓄積され精度が上がっていく商品です。

著者の運営サイト

フリーランスエンジニアのための情報サイト スリーネクスト フリーランスの情報やフリーランスエージェントについてやプログラミングスクールの情報を提供しています。
人生相談の総合ポータルRehearts(リハーツ) 人生相談したいときに誰も相談に乗ってくれる人がいない。そんな時にサイトに訪問して誰かに助けを求められるサイトです。 人生相談してくれる人も募集中です。
サルサ の総合ポータルサイトSalsaFavor サルサダンスの総合ポータルサイトです。サルサ のイベントはどこであるのかレッスンはどこであるのかの情報を共有するサイトです。

© 2021 仮想通貨の学校