Flareトークンの安全運用とLedgerNanoSを日本語サポート充実で安く購入する裏技

LedgerNanoSを日本語サポート充実で安く購入する裏技とFLRトークンの安全運用

概要

ハードウェアウォレットのLedger Nano Sは暗号資産(仮想通貨)を安全に保管できるのですが海外製品なので日本語対応していません。価格も販売店によって様々です。

それを日本語サポートが充実しておりしかも安く購入する裏技を公開します。

また、Flare Networksのスパークトークン(Spark Token)やF-Assetを安全に十分なセキュリティ環境で管理する方法を紹介していきます。

しかも、Flare NetworksのリリースやFlare Financeのリリースまでに間に合わせたい方等お急ぎの方に朗報です。


Ledger Nano Sの特徴

Ledger Nano Sとは

ハードウェアウォレットのLedger Nano Sは、暗号資産を管理し秘密鍵を保管するためのより安全な選択肢のひとつです。

リカバリーフレーズを安全に保管し取引を確認する前にすべての取引の詳細を確認する限り、コンピュータや携帯電話が危険にさらされてもLedger Nano Sがあれば暗号資産は安全に保管されます。

安全性

暗号資産へのアクセスを許可する秘密キーは、決して公開されません。非常に高度な攻撃に耐えるように設計された安全なチップ内で保護されています。また、完全にオフラインで保管可能です。初期設定の度に生成される秘密キーはPCと繋いでいない限りインターネットとは接続されません。

報酬を獲得する

Ledger Liveまたは外部ウォレットを使用して、Ledger Nano Sで通貨を安全に保持しながら報酬を受け取ります。

Algoのステーキングや最近流行のDefiのファーミングもLedger Nano Sは対応しています。今後のFlare Financeの報酬は具体的に明記されていませんがおそらく対応できでしょう。

管理が簡単

Ledger Liveを使用して、スマートフォンまたはパソコンから23種類の通貨とERC20トークンを直接管理できます。外部ウォレットを使用すると、他の資産も管理できます。

Ledger Nano Sのスペック

対応OS.ブラウザ

Windows、Mac、Linux(Windows 64bit (8+), Mac OS 64bit (10.8+) ,Linux 64bit)

対応ウォレット

MetaMask

対応暗号資産(仮想通貨)

1100以上の暗号資産に対応
Ledger Nano S対応暗号資産(仮想通貨)

Flare Networksの公式でLedger Nanoはサポートされてる旨記載されてます。

Ledger Nano Sの販売先比較

結論は株式会社ハードウェアウォレットジャパンからの購入がおすすめです。日本語サポートや購入後のアフターサポートもしっかりしているだけでなく他社と比べて安価なところです。購入先でここまでの違いがあります。

購入先は大切です。違いを表にしました。

ハードウェアウォレットジャパン

料金 8,990円(税込)
日本語サポート 充実
アフターサービス オーナー登録で充実
株式会社ハードウェアウォレットジャパンはフランスのLedger社の正規代理店です

販売元ページ


楽天

料金 12,720円 (税込)
日本語サポート なし
アフターサービス なし

販売元ページ


アマゾン

料金 値段未表示
日本語サポート なし(直輸入商品のみ販売)
アフターサービス なし

販売元ページ


Ledger Nano SでFlareトークンのセットアップ手順

Ledger Nano Sを使用可能にする

  • Ledger Nano Sデバイスの初期化
  • 最新ファームウェアのインストール
  • Ledger Liveはすぐに使えます
  • 最新のGoogle Chromeがインストールされている

Flare(Sparkトークン)アプリのインストール

上記の条件を満たした上で、以下の手順でFlare(Sparkトークン)アプリをインストールできます。

  • Ledger LiveでManagerを開く
  • お客様のLedger Nano Sを接続し、ロックを解除します。
  • 両方のボタンを押して、あなたのLedger Nano Sでマネージャーを許可する
  • アプリカタログでFlare(Sparkトークン)を探す
  • アプリのインストールボタンを押す
  • あなたのLedger Nano Sに「Processing...」と表示されます。
  • アプリのインストールが完了する

MetaMaskでLedger Nano Sを使う

MetaMaskブラウザ拡張機能を搭載したLedger Nano Sを使って、Flare Networksにアクセスできます。

  • お客様のLedger Nano Sを接続し、ロックを解除します。
  • Flare(Sparkトークン)アプリを開く
  • ブラウザ拡張機能「MetaMask」を開く
  • ネットワークのドロップダウンにある「カスタムRPC」をクリックします。
  • ネットワークのドロップダウンで「Flare Networks」を選択
  • お客様のアカウント画像をクリックし、「設定」→「詳細設定」→「Ledger Liveの使用」をクリックしてLedger Liveを有効にします。
  • アカウント画像をクリックし、「ハードウェアウォレットを接続」をクリックします。
  • 「Ledger」を選択し、「Connect」をクリックします。
  • お客様のアカウントを選択し、「ロック解除」をクリックします。

取引を確定する前に、Ledger Nano Sですべての取引の詳細を確認してください。

概要にFlare(Sparkトークン)の残高が表示されます。Flare(Sparkトークン)を受信するには、アカウントアドレスをコピーして送信者と共有します。Flare(Sparkトークン)を送信するには、「送信」をクリックして受信者のアドレスを入力し、希望の金額を入力して「次へ」をクリックします。

プロンプトが表示されたら、MetaMaskがLedger Liveを開き、デバイスブリッジを許可します。画面上の指示に従い、すべての取引の詳細を確認し、Ledger Nano Sで取引を確認します。

Flare Networksの公式でLedger Nanoはサポートされてる旨記載されてます。

Flare x Ledgerアプリ-ライブ

Ledger Nano Sの評判・口コミ

XRPを保存するために購入しました。

ウォレットへの移しかた等はネットで検索すれば沢山出てきます。

自分はウォレットへ移すのに1時間くらいで出来ました。

XRP以外にも様々な仮想通貨を保存できますがNEMは保存できません。

短期的に仮想通貨を売買するのであれば取引所に置いておくのも良いと思いますが、長期的に保有してくつもりならハードウォレットは必須になると思います。

ハードウェアウォレット(Ledger Nano S)は初めて購入しましたが、こちらの商品はとても使いやすかったです。

正規代理店の商品というのが安心でこちらを選ばせて頂きました。仮想通貨を保管するのにハードウェアウォレットは必須なので、購入してよかったです。

自分の身は自分で守るので、ハードウェアウォレット(Ledger Nano S)を買いました。

流出問題も仮想通貨自体ではなく、セキュリティの問題だと思うので。使い方はYouTubeにいくつも出ていたので、設定も楽にできました。

ハードウェアウォレット(Ledger Nano S)比較の記事をみて、対応通貨が多かったLedgerを買いました。

初期化したら24の単語が表示されたので、同梱されていたリカバリーシートにメモしました。万一のときのリカバリー方法も、この会社のサイトに書いてあったのでイメージつかめました。

一番重要なのは24の単語なので、メモした用紙(本体も)を失くさないように気をつけたいです。

色々なレビューありますが、私の手元に来たのはきちんとした正規品でした。

取引所のハイリスクを9000円で代替えできるなら安価だと思います。CCのNEMとBPJのXRP、2回目の被害です。やはり自分の身は自分で守るのが鉄則ですね。皆さんもよーく考えましょう。

Ledger Nano Sは既に1つ持っていますが、バックアップ用に追加で買いました。

前は他のショップから買いましたが、手持ちのものとロゴが前とちょっと変わっていたので気になり、画像を送って聞いたところ、去年メーカがフォントを変えたとので両方正規品だとわかりホッとしました。

使い方は既にYoutubeなどで学んだので、今のところ大丈夫です。オーナー登録して、登録完了メールも僕にはちゃんと届きました。

まとめ

暗号資産(仮想通貨)は詐欺や盗難が多くセキュリティを厳重にする必要があります。

ウォレットだけではPCやスマホにウィルスが入ったら盗まれる可能性がありますがLedger Nano Sがあると心配はありません。

-フレアネットワークス