アルトコイン

ライトコイン(LTC)の特徴とMWebやFlare統合今後の展望

Liteコイン財団

概要

ライトコイン(LTC)は暗号資産(仮想通貨)の中でも比較的に注目されてきていません。

とはいえ3000を超える暗号資産の中で日本でも取引できる数少ない銘柄として数えられているので上位の暗号資産(仮想通貨)であることは間違い無いです。

その上位の暗号資産(仮想通貨)のライトコイン(LTC)について説明とビットコイン(BTC)との比較や今後の展望について記事にしました。


ライトコイン(LTC)の特徴

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)はビットコインを元に作成された暗号資産(仮想通貨)です。大量のトランザクションでも耐えられるように作成されました。

2011年10月に誕生したライトコイン(LTC)は元Googleエンジニアのチャーリー・リーによって発案されました。

ライトコイン(LTC)専用ウォレットLite Coin Core

基本的に暗号資産(仮想通貨)は国際送金や決済システムとして作成されていますがほとんどの人は暗号資産(仮想通貨)は投資対象とみなしている人が多いです。

送金決済ツールはこちらからダウンロードが可能です。ライトコインコアもビットコイン(BTC)の送金決済システムのElectrumと似ています。

LiteCoin Coreプロジェクト

最近は暗号資産(仮想通貨)のウォレットは多くありますがライトコイン(LTC)専用のウォレットとして購入から送金決済はこちらのアプリケーションで行います。取引所や販売所では投資を目的として購入することはできても決済送金はできませんので予めご了承ください。

ライトコイン送金システム

チーム名・システム情報

社名Litecoin Core Development Team
プラットフォームLiteCoin Coreプロジェクト
発売年2011年
上限発行数84,000,000LTC
おすすめ取引所GMOコイン

プラットフォームのリンクから行くとマイニングアプリをダウンロードできるホームページにいきます。

ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)比較

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)を元に作られました。ビットコインとの性能の差を明確にしていきます。

総発行数

ビットコイン(BTC)に対してライトコイン(LTC)は4倍の発行数です。

ビットコイン(BTC)の発行数21,000,000BTC
ライトコイン(LTC)の発行数84,000,000LTC

トランザクションスピード

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)の4倍のスピードでマイニングできるよう設計されてます。

セキュリティレベル

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)に比べて4倍のセキュリティが強化されています。(4倍かどうか証明できる情報はない)

ビットコイン(BTC)の暗号化SHA-256
ライトコイン(LTC)の暗号化Scrypt

消費電力

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)と比べて約38分の1です。省電力で二酸化炭素排出量が少なく、自然に優しい暗号資産(仮想通貨)となっています。

ビットコイン(BTC)707キロワット時
ライトコイン(LTC)18.5キロワット時

ライトコイン(LTC)とビットコイン(BTC)比較まとめ

ライトコイン(LTC)はビットコイン(BTC)と比べて機能は優れています。ただし、圧倒的に知名度が小さいため注目されておらず、存在を知らない人も多くいます。

そのため、現在は出来高は圧倒的にビットコイン(BTC)より少なく機能を発揮していませんが、Paypalの参加やFlareとの統合など未来は明るいです。

早めの投資するならおすすめはGMOコインです。GMOコインでは取引所でも販売所でもFXでも取引が可能です。多種多様な方法でライトコイン(LTC)の取引ができます。

2021年のライトコイン(LTC)の展望

MWebアップデート

MWEBは、MimbleWimble Extension Blocksの略称であり、MimbleWimble(ミンブルウィンブル)と呼ばれるテクノロジーを拡張ブロックとしてライトコイン(LTC)に組み込むことを目指してます。

ミンブルウィンブルは、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)のアルゴリズムを改良したもので、スケーラビリティを向上させると共に、取引に関する情報について特定されないようにする技術です。これによりライトコイン(LTC)のプライバシーと代替可能性が向上し、より優れたお金の形になります

現在ビットコイン(BTC)やライトコイン(LTC)には法定通貨の場合のような代替可能性が欠けています。

代替可能性とは最近NFTについてよく使われる言葉だ。NFT(非代替性トークン)はそれぞれのトークンが他と代替できません。

Flare Networksの統合

2021年1月8日にFlare NetworksのSparkトークンと統合することを発表しました。ブロックチェーンだけでなくXRP Ledgerでもスマートコントラクトをできるようにするプロジェクトで将来性は大きいです。

詳しくはこちらを参照

通貨紹介
FlareNetworksがライトコインを統合とSpark報酬受取方法
FlareNetworksがライトコインを統合とSparkトークン報酬受取方法

ライトコイン(Lite coin/LTC)は2021年1月8日にFlareNetworkと統合が公表されました。統合するとライトコイン保有者は報酬を受取れます。いつ、どのように報酬を受取れるのか紹介します。

続きを見る

Paypal参入

2020年には10月にはPaypalが取扱う暗号資産の中の1つに選ばれています。Paypalの暗号資産(仮想通貨)取扱についてはビットコインばかりが注目されていますが他にもイーサリアムやビットコインキャッシュ、ライトコイン(LTC)が取扱開始しています。

価格についてもビットコイン(BTC)と同様に価格は上昇中しています。

チャートによるテクニカル分析

ライトコインの日足チャート

一旦2021年1月12日あたりから一旦下げています。190万円から100万円のサポートライン付近まで一気に下落しました。ここを境に上昇を目指していきます。100万円のサポートを割ることはビットコイン(BTC)自身に悪い要因があることですが、今のところ特に悪材料は出てきていません。

つまり、上昇トレンドは止まっていません。

ライトコイン(LTC)新着ニュース

タイトル「ウォルマートで暗号資産のLitecoinが使えるようになる」というデマでLitecoinの価格が急騰 ...
公開日時2021年09月14日 13:00:00提供元GIGAZINE
タイトルライトコイン、偽プレスリリースで一時30%上昇(CoinDesk Japan) - Yahoo!ニュース
公開日時2021年09月14日 07:52:18提供元Yahoo!ニュース
ライトコイン(LTC)のニュースは少ないので100日以内にニュースがなければ表示されません。

まとめ

ライトコイン(LTC)はビットコインよりも知名度は数百分の1程度ですが性能は4倍程度高いです。それが今の立ち位置です。今後、Sparkトークンの統合やPaypalの利用料増加に伴って立場は変わってくる可能性があります。取引量も多くなりますし今のうちに注目してみてはいかがでしょう。

GMOコインではライトコイン(LTC)の取引をしています。取引通貨が多いのでビットコイン(BTC)を始めて慣れてきたらライトコイン(LTC)と流れることもできるのでおすすめの取引所です。

-アルトコイン
-,

© 2021 仮想通貨の学校