フレアネットワークス

FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス

FTSOの仕組みとパッシブインカム取得方法|フレアネットワークス

概要

Flare Networksの機能の中で、あまり話題になっていないのがFlare Time Series Oracle(FTSO)です。これは、XRP/FLR価格などの各種トークンペアの価格を出力するネットワークの心臓部です。詳細を解説していきます。


FTSOとは

概要でも記載しましたがFTSOとはXRP/FLR価格などの各種トークンペアの価格を出力するネットワークの心臓部です。

Flare Networksは、自分のネットワークの外からのデータ、具体的には様々なトークンペアの価格データを必要としています。このデータは、ネットワーク全体が中央集権的になることを妨げないように、分散的に調達されることが重要であり、それゆえにFTSOが必要となります。

FTSO自体がデータを調達するのではなく、SparkとF-Assetの保有者が、データプロバイダーが調達したデータに投票します。そして、FTSOはこのデータを処理し、いくつかの計算式に基づいて価格を出力します。

FTSOはどのように機能するのか

FTSOからどのようにしてパッシブ・インカムを得る方法を知る前に、FTSOを運営するために、何が必要なのかを以下の4つについて説明します。

  • FTSOプロバイダー(データプロバイダー)
  • 代行者(スパークトークンとFアセットの保有者)
  • 投票ラウンド(1分ごと)
  • 報酬・特典

FTSOプロバイダー

FTSOプロバイダーが独自の方法でトークンペアの価格データを調達することから始まります。例えば、あるプロバイダーは、3つの異なる取引所からXRP/FLRの価格を収集し、その価格を平均化して、投票ラウンドごとにFTSOが提出できるようにこの価格推定値を用意することができます。これらはすべてプログラムで行われます。

XRP/FLR率

すべてのFTSOプロバイダーがこのような方法で運営されているわけではなく、FTSOプロバイダーは、自らが選択し、正確であると信じる方法で調達し、価格見積もりを算出することができます。

代行者(スパークトークンとFアセットの保有者)

FTSOに価格見積もりを提出するためには、投票が必要です。ここでは、スパークとFアセットの保有者が特定の価格見積もりに投票することになります。すべてのスパークは1票としてカウントされます(1:1)。F-Assetは、対応するトークンペアへの投票にも使用できますが(例:FXRPホルダーはXRP/FLR価格への投票、FXLMホルダーはXLM/FLR価格への投票)、F-Assetトークンは同じ投票比率ではなく、調整されます(Flare Networks whitepaperのDefinition 4.4を参照)。

誰もがFTSOに価格データを提出し、独自の価格推定値を投票することができますが、技術的なスキルが必要なため、実現できないことも多いでしょう。そのため、スパークやFアセットの保有者の多くは、正確な価格を提供してくれると信頼できるFTSOプロバイダーに自分のトークンを委ねることになります。委任は、Flareウォレットにログインし、FTSOプロバイダーを選択し、最後に委任したいトークンの量を選択するという簡単な手順で行うことができます。

重要なのは、委任者が自分のトークンをFTSOプロバイダーに委任することを選択した場合、そのトークンが実際に自分のウォレットから離れることはないということです。これにより、委任者はリスクを負うことなく利用することができます。

投票ラウンド

ガバナンス変数(スパークの保有者によって決定される変数)に基づいて、𝑥分ごとに投票ラウンドが行われます。例えば、1分ごとに投票ラウンドが行われ、1日(24時間×60分)で合計1440回の投票ラウンドが行われることになる。FTSOプロバイダーは、毎ラウンド、見積価格を提出する必要があります(強制ではありません)。

毎回の投票ラウンドでは、選ばれた数のFTSOプロバイダーがラウンドを勝ち取ることになります。ラウンドに勝つためには、FTSOプロバイダーは、そのラウンドで提出された全ての価格見積もりの中央値に該当する価格見積もりをFTSOに送らなければならない。FTSOは、上位25%と下位25%の価格見積もりを検討対象から外し、中間の50%を検討対象とします。中間の50%に当たる価格を提出したFTSOプロバイダーは勝者とみなされ、スパークトークンが補償されます。

報酬・特典

報酬の正確な額は、多くの変数に基づいており(Flare Networksホワイトペーパーの4.4 Compensationを参照)、各プロバイダーが平等に報酬を得られるわけではありません。

FTSOプロバイダー

報酬は、委任したトークンの数からFTSOプロバイダーが設定した手数料を差し引いた数に基づいて各委任者に転送されます。

例えば、Alice、Bob、Charlieはそれぞれ1000、500、800のスパークトークンをFTSOプロバイダ𝑥に委譲し、合計2300スパークを委譲したとする。FTSOプロバイダー𝑥は、そのラウンドの価格見積もりを提出し、独自の価格見積もりを使って勝利する。報酬として100スパークがFTSO Provider 𝑥に与えられる。FTSO Provider 𝑥は手数料として10スパークを受け取り(10%)、残りの90トークンを委任者の出資比率(委任者の出資額 / FTSO Provider 𝑥に委任されたスパーク総額)に基づいて委任者に分配する。したがって、Aliceは43.5%(39.15 Spark)、Bobは21.7%(19.53 Spark)、Charlieは34.8%(31.32 Spark)を得る。注:Sparkの委任者のみが補償され、F-Assetの投票はFTSOから補償されない。

委任者

プロセスの要約

スパークまたはFアセットを保有する委任者は、FTSOプロバイダーの勝率と手数料に基づいてFTSOプロバイダーを選択し、そのプロバイダーに自分のトークンを委任します。

FTSOプロバイダーは自社のアルゴリズムを用いて、XRP/FLRなどの1つ(または複数)のトークンペアの推定価格を決定します。毎ラウンド(ガバナンス変数で設定された間隔で)、FTSOプロバイダーは、デリゲーターの投票に裏付けられた価格推定値をFTSOに提出します。

あるラウンドにおいて、あるFTSOプロバイダーの価格推定値が全価格推定値の中央値に収まった場合、そのFTSOプロバイダーはそのラウンドに勝利します(中央値50%に収まった他のFTSOプロバイダーも一緒に)。

FTSO は、報酬変数(Flare Networks ホワイトペーパーの 4.4 報酬を参照)に基づいて、すべての勝者にスパークの報酬を不均衡に分配する。

優勝したFTSOプロバイダーは、報酬の一部を手数料として受け取り、残りのSparkをすべての代表者に分配します。

パッシブインカムを得る方法

このシステムで稼ぐには2つの方法があります。

FTSOプロバイダーになる

プログラムの書き方、APIの使い方、Web3などの技術を使ったブロックチェーンとのやりとりを知っていれば、自分でFTSOプロバイダーを作ることができます。ソフトウェアを構築するだけでなく、あなたのソフトウェアを信頼し、トークンを委譲してくれるコミュニティを構築する必要があります。

トークンの委譲

もしあなたがSparkトークンを保有しているなら、トークンを委任するFTSOプロバイダーを選ぶことを検討してみてはいかがでしょうか。数回クリックするだけで受動的な収入を得ることができる最も簡単な方法です。あなたの収益は、FTSOプロバイダーのパフォーマンスに基づいているので、賢明に選択してください。

Fアセットを保有している場合、FTSOプロバイダーに委任することもできますが、スパークで報酬を得ることはできません。ただし、FTSOプロバイダーの中には、あなたの投票に対してインセンティブを提供するところもあるので、金銭的な利益が得られないわけではありません。

FTSOプロバイダーは、Sparkでの報酬以外にも様々なメリットを提供する多様な市場となります。FTSOプロバイダーは、得られる全ての投票(Fアセットの投票も含む)に価値を置くため、投票を提供できる全ての人が何らかの形で報酬を得られることになります。

FTSOの動画説明

この動画は字幕で日本語設定すると日本語字幕で見ることができます。

現在運営されているFTSOのリストは、Flare Av.axをご覧ください。

FTSO AUブログページの翻訳です。

How The FTSO Works | Flare Networks

FTSOリストにも登録されているBitrueは取引所でFlareとの相性も非常にいいです。

bitrue(ビットゥルー)バナー

-フレアネットワークス

© 2021 仮想通貨の学校