フレアネットワークス

FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー

FlareFinanceTokenomics|トークンエコノミー

概要

Flare Finance Tokenomics(トークンエコノミー)である以下の3種類について解説しています。

  • YieldFlare(YFLR)
  • YieldFin(YFIN)
  • DAOFlare(DFLR)

YieldFlare (YFLR)

YieldFlareは、フレアファイナンスのエコシステムにおけるセカンダリーガバナンストークンであり、FlareXプラットフォームを中心としたユースケースが特徴です。

YFLRトークンの最大供給量は1億1,000万ドルで、これ以上の鋳造を行う機能は内蔵されていません。

YFLRの最初の配布は、Flare Networkが初期DAO公募を開始してから1ヶ月後にSpark(FLR)ホルダーに4,000万YFLR、APYクラウドのリザーブプールに4,000万YFLR、Flare Finance Foundationに2,000万YFLR、チームと投資家に1,000万YFLRが配布されます。

YFLRトークンは、Flare Finance上の数多くのガバナンス投票機会やアプリケーションに参加することができます。

ホワイトペーパーでは、可能性のあるユースケースを以下のように挙げていますが、トークンはこれに限定されるものではありません。FlareXおよびFlareWrapでの交換およびラッピング手数料、FlareXでのトークンの上場およびペアリング投票、FlareFarmでのステーク、FlareXでのリクイディティ・プールへの参加、ローンチパッドへの参加、FlareLoansでの担保、FlareMutualを通じたカバレッジとしての利用などです

YieldFin (YFIN)

YFINは、フレアファイナンスの主要なガバナンス・報酬トークンで、最大供給量はわずか11kトークンです。

YFINは、フレアファイナンスの製品群全体で使用されており、YFLRが1票のガバナンス投票権を持つのに対し、YFINは1票の投票権を持つため、ガバナンスにおいて明確な優位性を持っています。

YFLRとは異なり、YFINはFlareXやFlareWrapの代用手数料トークンとしては使用されません。YFINトークンは、公正なトークン配布と呼ばれるメカニズム設計により、主にFlareFarm製品の利用者に配布されますが、FlareLoansおよびFlareMutualプラットフォームのアーリーアダプターにも少量が配布される予定です。

YFINの分配は、8k YFINをFlareXおよびFlareFarmプラットフォームの参加者が獲得するFlareFarmに、1k YFINをFlareLoansおよびFlareMutualプラットフォームの各アプリケーションへの採用のためのブースターとして、1k YFINをFlare Finance Foundationのリザーブプールに割り当てる予定です。

PoolRateAllocation
YFLR1x344 YFIN
FLR/YUSD2x672 YFIN
YFLR/YUSD2x672 YFIN
YFIN/YUSD3x1000 YFIN
FXRP/YUSD4x1328 YFIN
FLTC/YUSD4x1328 YFIN
FDOGE/YUSD4x1328 YFIN
FXLM/YUSD4x1328 YFIN

FlareFarmアプリケーションを通じて、YFINは2年間にわたって公平に分配され、各プールに割り当てられたYFIN総額の50%が最初の6ヶ月間に分配されます。

半年ごとに各プールへの配分が半減し、その結果、フレアファイナンスのエコシステムの初期段階では、フレアファームを通じた毎日の報酬が最も高い割合で支払われます。さらに、FlareLoansプラットフォームの借り手および貸し手は、アプリケーションに割り当てられたYFINを、FlareFarmの分配と同じリリーススケジュールで受け取ります。

最後に、FlareMutualプラットフォームのカバード・エンティティーおよびカバレッジ・プロバイダーは、上述の方法でアプリケーションに割り当てられたYFINを受け取ります。

YFINを購入または獲得したユーザーは、Flare FinanceのすべてのアプリケーションでYFINを使用することができます。

DAOFlare (DFLR)

YFLRトークンの初期DAOオファリング(IDO)は、DAOFlareという名前の無価値なプロキシトークンを介して行われます。DFLRは総計4,000万トークンとなり、Flare Networkに存在するFLRトークンの保有者に分配されます。配布の計算式は以下の通りです。

(40M DFLR / 循環するFLRの供給量) * ユーザーFLRの供給量

Flare Finance IDOのスナップショットは、Flare Networkの開始から1ヶ月後に行われます。また、スナップショットでは、フレアネットワークの開始から30日間に発生したFLRのみが考慮され、ユーザーが将来受け取る可能性のあるエアドロップは含まれないことにも注意が必要です。

スナップショットが行われた後、FLR保有者は価値のないDFLRトークンを受け取り、これをFlareXプラットフォーム上でYFLRと1対1で交換することができます。このプロセスを完了するには、ユーザーはウォレットアドレスのCivic認証を設定し、プラットフォームの利用規約とチュートリアルを完了する必要があります。

以下の記事を翻訳しました。
トークノミクス(トークンエコノミー)

-フレアネットワークス

© 2021 仮想通貨の学校