仮想通貨仕組み リップル(XRP)

リップル(XRP)の基本-国際送金システムと暗号資産(仮想通貨)

リップル

概要

リップルの基本を紹介します。暗号資産(仮想通貨)としてのXRP、国際送金システムのどこでXRPが利用されているのかについて解説していきます。

リップル(XRP)が何かわからないまま投資するのではなく正しい知識を持って投資をした方が予想しやすくなるし面白くなるので正しい知識をこちらで用意しました。

リップルの正体

リップルとは2つの意味で使われています。一つは会社名、もう一つはシステムの名称です。

会社名

リップル社
Ripple.inc

システム名称

リップル
Ripple

リップルは暗号資産(仮想通貨)では?

リップルはRipple Labs Inc.という会社が構築した国際送金・決済に特化したシステムの名称です。

リップルという名称の暗号資産(仮想通貨)はありません。

リップルと言われている暗号資産(仮想通貨)はXRPのことです。リップル社メインで開発した仮想通貨なのでリップルという通称がついています。

本来は仮想通貨という意味でリップルは使いません。

国際送金システム リップルの機能

リップルは国際送金の新しいシステムです。(世界的な大規模システム)

今現在の国際送金はSWIFTというシステムが利用されていますが、圧倒的にリップルというシステムの方が利点は高いです。

現行の国際送金システム Swift

今、現行の国際送金は一つのネットワークとして複数の銀行間で送金処理を行い最終的に目的の場所にお金が振り込まれることになっています。

国際送金システムはドルや円、ユーロを国際間で取引するのに利用します。現在はSwiftというシステムを利用しています。

将来的に国際送金システムはリップルに変わる可能性があります。他にもMicrosoftとSwiftが手がけているシステムやIBMが手がけているシステムもありますが現在のところリップルは国際送金システムとして最有力候補です。

将来の国際送金システム リップル(Ripple)(確定ではない)

リップルシステムは送金前にXRPという通貨に換え目的の場所まで行きリップルを各通貨に戻すことができます。そうすることによって、現行のSwiftに比べて大幅にスピードアップと手数料を削減することができます。

リップルとSwiftの国際送金フロー

リップルと現行の国際送金 Swiftの処理の違いはこちらの画像にわかりやすく示しているのでご参照ください。
リップル(xrp)の仕組み

Swiftとリップルの比較テーブル

Swiftリップル
送金速度4日以内10秒以内
送金手数料18ドル〜0.0004ドル~

システムの性能の差を見る限り、システムのセキュリティや安全性が検証できたらリップルに移行するでしょう。

ただし、現行のSwiftもマイクロソフトと提携して仮想通貨を開発してリップルと同じことを手がけているので移行しない可能性もあります。

以下の2点が世界の銀行が国際送金システムをリップルに変更することに躊躇しているのではないかと思っています。(個人的感想です)

  • 国際送金システム(リップル)の取引実績はあるがまだ少ない。
  • セキュリティ面で問題ないのか、システム的に欠陥はないのかまだまだ検証が足りない。
もし、国際送金システムがSwiftからリップルに置き換わったら仮想通貨のリップルの価値が莫大に上がる可能性を秘めています。

仮想通貨としてのリップル(XRP)

XRPはリップルが発行している仮想通貨です。

よくリップルとXRPは同一だと思っている人は多いですが違います。

仮想通貨としてはビットコイン等別の仮想通貨と同じで取引所や販売所で取引できます。仮想通貨としての違いは名前と値動きが違うだけです。株でいうと銘柄が違うということになります。

リップルの仮想通貨 XRPの安全性

安全性は高くビットコインの場合は誰でも作成できるマイニングという技術を使っていますが、リップルの場合はリップル社が認めた人たちでないと承認できないようにしています。

ビットコインよりもリップルの方が安全性は高まっています。ビットコインも将来性はありますが、機能面で他の仮想通貨を圧倒しています。

もし、XRPの購入を検討したい方は口座開設から始めてください。こちらの画像をクリックするとおすすめの口座コインチェックで開設することができます。

筆者がリップルを推している理由

国際送金システムでリップルが標準的に使われた時、仮想通貨のリップル(XRP)の価値は非常に大きくなると予想しています。また、世界的企業のGoogleも出資しているので失敗することはないのかと考えているからです。

もちろん、1、2年は乱高下することはあると思いますが、私は長期投資家なので長期的なスパンで見ています。長期的なスパンで見た時にはリップルは非常にオススメだということです。

リップルを取扱い業者

コインチェックは仮想通貨の種類も多くリップルももちろん取り扱っています。証券のマネックスグループにいるのでセキュリティの高さや取引は安心です。

BITPointはじめての暗号資産(仮想通貨)のリップル(XRP)やビットコイン取引な初心者に優しいらBITPoint(ビットポイント)

GMOコインは取引に合わせて取引所や販売所、FXといった多種多様な取引を選択できます。仮想通貨に興味があり今後どんどん勉強していきたい人は覚えることが多いのでこちらが向いています。

DMM Bitcoinはレバレッジ取引に特化していて取引が多い人やデイトレードをしたい人向きの仮想通貨に少し慣れた人が口座を持つことをお勧めします。

まとめ

仮想通貨とリップルについて基本が少し理解できたら早速口座開設して実践してみることをおすすめします。
そこで取引を始めることでより詳しくなってきます。

暗号資産とは何かよくわからないという方は暗号資産(仮想通貨)の基礎知識について詳細か書かれている記事がありますのでこちらを参照してください。

-仮想通貨仕組み, リップル(XRP)

© 2021 仮想通貨の学校