仮想通貨基礎知識 リップル(XRP)

リップルネットの仕組みと参加してる金融機関と今後の展望

リップルネットの仕組みと参加してる金融機関と今後の展望

概要

リップルネットについて詳しく知らないけどXRPがなんかすごいから買ってるという投資家も多いです。

リップルの国際送金システムについて詳しく知ることで投資して良かったと思えるような知識を身につけることができます。


リップルネットとは

リップル社の提供する国際送金・決済のネットワークです。現在の国際送金や決済の根本から変える全く新しいシステムです。

オンデマンド流動性について

オンデマンド流動性とは

事前の資金提供なしで、国境を越えた即時支払いを提供します。xRapid、xCurrent、xViaと言ったテクノロジーが統一されOn demand liquidity(ODL)に名称変更されました。これを日本語でオンデマンド流動性といいます。

xRapidやxCurrentについて詳しく知りたい方はこちら

通貨紹介
ビットコイン
国際送金の仕組みを変えるリップルのテクノロジーと仮想通貨の価値

リップルを今購入する理由とリップル を支える3つの技術についての解説をしています。今後どのようにして普及していくのか。それに付随してどのように値段が上がっていくのか説明しています。

続きを見る

オンデマンド流動性の流れ

オンデマンド流動性

  • 送信者は、価格設定とFXに関する見積もりを要求します。
  • Rippleのテクノロジーは、すべての関係者の価格とFXを計算し、見積もりを送信者に返します。
  • 送信者は見積もりを受け入れ、支払い指示を送信して、支払いを開始します。
  • 送信側の取引所は送信者のアカウントから借方に記入し、その金額(手数料を差し引いた金額)をXRPに変換します。
  • XRPは、送信側の取引所から受信側の取引所にXRP元帳を介して送信されます(3秒で決済されます)。
  • 受信側の取引所は、XRPを現地通貨に変換し、送信者のアカウントに入金します(手数料を除く)。
  • Rippleのテクノロジーは、受け取った金額が正確であることを確認し、必要に応じて送信者のアカウントにチャージします。
  • 受信側の取引所は、支払いを受信者に転送します。
  • 受取人は、必要に応じて支払いを転送します。
  • 送信者と受信者は、トランザクションが完了したことを確認します。
2021年1月現在ではまだ以下の一部の国でしか使用できていません。
・オーストラリア
・メキシコ
・フィリピン

アメリカはトランプ大統領だったのでアンチ仮想通貨のため政治的に積極的ではないということです。

開発者用プラットフォームRippleX

プラットフォームの中身
お金のためのオープンプラットフォームです。プログラミングができる人以外あまり関係ないですがリップルのシステムはオープンソースでgithubアカウントを持っていると誰でもプログラミングのコードを見ることができます。

現在は6個のプロジェクトが公開されています。全てのプロジェクトは流石に公開されてません。

システムエンジニアの方であれば回収してプルリク送ると取り入れてくれるかもしれません。JAVA、Swift、Javascript、TypeScriptのどれか選択できます。興味のあるエンジニアはみてみるといいです。

リップルネットクラウド

リップルネットは導入したそれぞれの銀行や金融機関がそれぞれサーバー等のハードウェアを用意する必要があったが、リップルネットクラウドにすることにより全てクラウド上にシステムを移行したことでハードウェアを用意することなくリップルネットに入ることができるようになりました。

今までのIT業界の流れに沿った移行です。

リップルネットの参加国と企業

リップルネットの参加企業は300を超えています。まだまだ増加中です。そして国に至っては55カ国でそのうち3つはオンデマンド流動性(ODL)まで利用可能です。

リップルネット参加国

リップルネット参加企業
こちらの国はすでにODLが利用できるので国際送金ができます。

  • オーストラリア
  • メキシコ
  • フィリピン

日本の銀行

・三井住友
・三菱UFJ
・みずほ
・りそな
多数の地銀

世界の有名銀行・金融機関

・バンク・オブ・アメリカ
・ブラジル銀行等等

今後のリップルネットとは

今後も順調に増えていくと国際送金の割合がSWIFTを超えていくことになるでしょう。お金の取り扱いになるので慎重に拡大するのでシステムを一気に取り替えるということはできなそうです。

将来を見据えた時に暗号資産(仮想通貨)XRPの価格が上がる可能性が高いです。もし気になったら口座開設をされるといつでも購入可能な状態になります。

やるやらないは置いておいて講座だけでも作成しておくことをおすすめします。

XRPの口座はこちらがおすすめ

コインチェック

まとめ

リップル社は今後も成長をし続けていきます。米SECに訴えられるという状況はつらいですがそれ以外は良好に進んでいます。

私はXRPを保有している身としてなんとしても成功してもらいたいと思い応援してます。

-仮想通貨基礎知識, リップル(XRP)

© 2021 仮想通貨の学校