アルトコイン

テゾス-Tezos(XTZ)という通貨の特徴と2021年今後の予想

tezosコイン

概要

Tezos(XTZ)という通貨が2020年12月から日本でも取引が開始されました。2020年12月現在はbitFlyerのみ売買ができます。

Tezos(XTZ)の特徴と今後の見通しについて記事にしていきます。


テゾスとは?

テゾス(XTZ)は分散型アプリケーションDAppsとスマートコントラクトをサポートする多目的プラットフォームです。2017年7月1日にICOしました。日本での取引開始は2020年12月8日からです。

テゾスプラットフォームは、自己修正プロトコルとチェーン上のガバナンスを組み合わせてネットワークの修正を管理することを目的とし、チューリング完全なスマートコントラクトもサポートしています。

テゾスは、スイスを本拠地とする組織テゾス財団が協力サポートしています。テゾス財団は、助成金やプログラミング開発等を通じてテゾスプロトコルを推進しています。

DAppsとは


DApps(Decentralized Applications:自律分散型アプリケーション)とは中央管理者が存在しません。不特定多数の人々が自律的に行動した結果、全体のシステムが機能する自律分散型アプリケーションのことで、ビットコインやイーサリアムがその代表と言われています。

DApps研究家のDavid JohnstonがGitHubに投稿した定義によると、DAppsは以下の要件を満たすアプリケーションとされています。

  • アプリケーションはオープンソースによって提供されます。
  • 中央管理者のいないネットワーク上で参加者の合意によりにすべての決定されます。
  • ブロックチェーン技術でデジタル情報が安全に分散保存されています。
  • アプリケーションでやりとりされる情報をもつ価値(トークン)を、ネットワーク健全性の維持に貢献した参加者への報酬として与えられます。

テゾスの仕組みは?

テゾスはプロトコルのコア開発に参画を希望するユーザーにインセンティブを与えることで成り立っています。しかしブロックチェーンでは、Tezosプロトコルの特定の重要なプロパティが確実に維持されるよう、数学的な証明を使用してネットワークの分散化を図っています。

テゾスはマイニング手段

テゾスはマイニングできるか

テゾスのブロックチェーンではマイニングはできません。ビットコインのようにプルーフオブワークプロトコルではなく、プルーフオブステークコンセンサスに基づいているからです。テゾスプロトコルはXTZトークンによって稼働されており、XTZトークンは「ベーキング」を通して生成されます。

テゾス ベーキングとは?

マイニングの代わりに、テゾスベーカー(デリゲートとも呼ばれます)は、ステーキングを通してテゾス通貨の報酬を得ることができます。Bakerはデポジットを預け、ブロックに署名して発行することで報酬を受け取り、それを認識したユーザーがブロックを検証します。不誠実なベーカーはデポジットを失います。このような措置によって、テゾスのエコシステムは誠実性を保っています。 TezosはOCamlプログラミング言語で実装されており、「関数型、命令型、オブジェクト指向のスタイル」を提供すると言われています。

テゾスの特徴

テゾスのメリット

テゾスがユニークなのは、ネットワークを互換性のない 2 つの異なるブロックチェーンにフォークさせることなく自身をアップグレードできる自己改訂機能を備えている点です。

これにより、コミュニティ内での意見対立により開発者コミュニティが分裂するといった事態が発生せず開発リソースが分散しないため、安定した運営を行うことができます。

Tezosのデメリット

TezosはDAppsを利用しているため、ブロックサイズやブロック生成スピードによってはトランザクションが遅延するスケーラビリティ問題が発生する可能性があります。これが問題になるのは数年後か数十年後になりますが直近では特に大きな問題あはりません、

テゾスの将来性

ハードフォークがなくプログラミングの回収によって徐々に回収されていくことになるので徐々に発展していくことになります。

それと内紛による分裂はないことは確かです。しかし分裂はないですが内紛はあります。今後それによって開発が止まることも危惧されているのですが、ハードフォークによる分裂がない分大きなデメリットを回避したことになります。

そのような通貨はここ3年で大きな値動きはないですが今後、技術が発展していく上で大きな通貨になっていくでしょう。

まとめ

Tezos(XTZ)は日本で取引できる通貨になったということはそれだけ期待されていることになります。今のところ値動きはあまりないですが強い通貨になっていきます。

今、取引できるのはbitFlyerだけなのでここで口座開設しないとテゾスを購入できないです。

bitFlyer

-アルトコイン

© 2021 仮想通貨の学校