国内取引所

Bitbankは暗号資産(仮想通貨)の優れたチャート機能の取引所

bitbankは暗号資産(仮想通貨)の人気国内取引所

概要

Bitbank(ビットバンク)は暗号資産(仮想通貨)の人気国内取引所です。

チャートがシンプルかつ高機能でカスタマイズしやすいTradingViewを使用しています。また、貸暗号資産(レンディング)サービスが目玉の一つです。さらにお得なキャンペーンも定期的に実施しているので楽しみが多く充実しています。もちろんセキュリティもしっかりし他取引所です。


取扱い暗号資産の種類

全ての取扱い暗号資産

販売所取扱暗号資産(仮想通貨) ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BTH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
クアンタム(QTUM)
取引所取扱暗号資産(仮想通貨) ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)
ビットコインキャッシュ(BTH)
モナコイン(MONA)
ステラルーメン(XLM)
ベーシックアテンショントークン(BAT)
クアンタム(QTUM)
レバレッジ取扱暗号資産(仮想通貨)×
取扱暗号資産(仮想通貨)は日本円との組み合わせのみ記載しています。

取引所としての取扱い暗号資産の種類は国内最多

他の取引所取引はビットコインのみやあっても3銘柄程度ですがBitbank(ビットバンク)の場合は9銘柄も取扱っています。

暗号資産(仮想通貨)販売所・取引所の違いとどちらが初心者におすすめ

販売所と取引所を選択できる

販売所と取引所でどちらで買うか自由に選択できます。また、同じ暗号資産の種類売買できるというのは以下が可能です。

イーサリアムを販売所で2つ購入
イーサリアムを取引所で2つ売却
XRPを取引所で100購入
XRPを販売所で100売却

つまり販売所で買った暗号資産を取引所で売却できるし、反対に取引所で買った暗号資産を販売所で売却できます。

取引所の特徴

シンプルかつ高性能なチャート機能(TradingView)

Bitbank(ビットバンク)トレーディングビュー

Bitbank(ビットバンク)はシンプルで軽量、高い機能性を備えたスマートな無料でも使えるチャートツールである「TradingView」を採用しています。スマホからでも快適にトレードできます。

チャートは24時間365日リアルタイムで更新しています。60種以上のテクニカル分析で本格的な相場分析が行えます。本格的にボリンジャーバンドや移動平均線、MACD、RSI、一目均衡表などチャート分析と気配値を見ながら注文できる仕様になっており、中上級者の利用も多いです。

また、ローソク足チャートと線チャートを切り替えられます。ローソク足は日本発祥なので、日本人にはおなじみの機能です。 さらに取引板や取引履歴などチャートと同じ画面に表示されているため、非常に取引しやすい環境となっています。

インディケータを用いてテクニカル分析が行いやすく、仮想通貨投資初心者の方にとっても非常に操作しやすいチャートが特徴的です。

暗号資産を貸して増やす(レンディングサービス)

暗号資産を貸して増やすとは、Bitbank(ビットバンク)とお客様が暗号資産貸借取引契約を締結し、最大年率3%の暗号資産を1年後に受取れるサービスです。1年間の満了期日を迎えると、募集月にお客様が貸出した暗号資産に、当社所定の利用料を加算してお返しするというサービスです。

貸して増やす暗号資産

取引所の機能

注文方法

販売所

チャートを見ながら売買できるので安心です。

  • 成行注文

取引所

トレーディングビューからの注文ができます。1画面でチャートから気配値、注文履歴まで見ながら注文できます。

  • 成行注文
  • 指値注文

入金方法

日本円の入金は以下の口座宛に送れば手数料は無料です。

  • 住信SBIネット銀行
  • GMOあおぞらネット銀行

出金手数料については1回につき550円

セキュリティ体制

  • Google Authenticatorを利用した二段階認証
  • スマホ生体認証
  • SMS認証
  • コールドウォレット・マルチシグ運用体制

Bitbank(ビットバンク)の信頼性

会社概要

会社名ビットバンク株式会社
住所〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9 KDX西五反田ビル7F
暗号資産交換業者登録関東財務局長(暗号資産交換業者)登録番号 第00004号

Twitter発信

Bitbank(ビットバンク)のキャンペーンなどを発信するアカウント

Bitbank(ビットバンク)以外の指標を分析し発信するアカウント

口座開設から購入までの流れ

step
1
口座開設申込


こちらのページから申込みが可能です。

step
2
本人確認書類を送信


以下の本人確認書類をご用意ください。スマートフォンのカメラにて撮影し、ご提出いただきます。
運転免許証、マイナンバーカードのどちらか1点それと自画像を本人確認書類と共に撮影

step
3
口座開設完了


口座開設完了メールが来ますので確認できたら完了です。

step
4
二重認証設定


セキュリティを上げるために二重認証設定は行ってください。

step
5
入金


あおぞら銀行か住信SBIネット銀行からBitbank(ビットバンク) へ入金します。

step
6
暗号資産選択


購入できます。

複数口座開設するメリット

初心者はまず1つの口座を使い慣れることをおすすめしますが、取引に慣れてきたら仮想通貨の取引口座は複数あった方がいいです。

理由は取引所の機能やサービスが異なるため暗号資産によって取引所を変えて最大限のメリットを引き出せるからです。

例えば、以下の機能があります。
  • ビットコインでビックカメラの買い物ができる取引所(Bitflyer)
  • 暗号資産を貸し付けて利息を得られるレンディングサービスがある取引所(bitbank)
  • ステーキングができる取引所(Kraken)
  • 公共料金をビットコインで支払うサービスのある取引所(coincheck)
また、チャートの機能についても様々で使いやすいチャートも人それぞれです。自分が使いやすいツールの利用をおすすめします。

暗号資産(仮想通貨)取引所の比較についてより詳しい情報はこちら

取引所比較
暗号資産(仮想通貨)おすすめ国内・海外取引所比較ランキング2021年版
ビットコイン・仮想通貨おすすめ取引所口座開設比較ランキング2021

暗号資産(仮想通貨)バブルが再び到来した2021年の仮想通貨の取引所・販売所を比較。取引所の機能や取引通貨を比較してどこの取引所が一番合っているか比較検討してください。おすすめ順をランキング形式で発表しています。参考までにご覧ください

続きを見る

まとめ

Bitbank(ビットバンク)は板情報を見ながら売買する人にとっては便利な取引所です。販売所で買った暗号資産を取引所で売却可能なので自由度の高い売買ができます。

Bitbank(ビットバンク)は様々なサービスがないけれども非常に使いやすくシンプルなところが強みです。

bitbank

-国内取引所

© 2021 仮想通貨の学校