フレアネットワークス

FlareNetworksのCostonTestnetの使い方

FlareNetworksのCostonTestnetの使い方

概要

Flare Networkの送金がテスト環境でオープンになっているので使い方をまとめました。

今後、ライトコインやステラルーメンがFlareに統合されることによりどのように使うのかを学べば懐が暖かくなりますので手順を案内します。

参考資料

FlareのCoston Testnetについて

Costonテストネットワークの立ち上げ

2021年4月〜6月に、XRPをFlareとTrustlessな形で統合する計画を立てます。これにより、次世代ブロックチェーン上のXRPとのスマートコントラクトが可能になり、XRP元帳で決済されます。

その現実に到達するための重要な足がかりとなる、コードネーム「Coston」のFlareパブリックテストネットワークの立ち上げを発表しました。

Costonテストネットは、次の2つの目標を念頭に置いて設計されています。

  • XRPでFlareを利用して、バグ検知するためアプリケーションを開発およびテストしたい開発者向け
  • フレアネットワークのコアユーティリティを形成するさまざまな機能とスマートコントラクトをテスト

Flare Networkは、XRPとの双方向のTrustlessな統合を行います。Costonでは、これは基本的な一方向ペグとしてモデル化されており、ユーザーはテストXRPトークンを書き込んで代表的なXRPトークンを受け取ります。

これにより、開発者とFlareは、FlareNetworkとXRPLedgerの間の相互作用を説明するアプリケーションを構築および最適化するための方法論を得ることができます。

Costonは、スマートコントラクトにEthereum仮想マシンを活用しながら、Avalancheコンセンサスプロトコルの公式リリースを実行するネットワークとして構成されています。

FlareとCostonは、Avalancheを実装およびカスタマイズして、チューリング完全な連合ビザンチン合意システムを形成します。

このAvalancheの展開により、Flareコンセンサスプロトコルの望ましい仕様が達成されると同時に、Flareも対象となるAvalancheのより広範なオープンソース開発の堅牢性が活用されています。

Flare Finance Open BETA Reboot

Flare Finance Open BETA Reboot

Coston testnetworkとRopsten Testnetworkの両方を蛇口からお金を送金します。

日本時間
2021年04月12日(月) 午前5時 〜 2021年04月26日(月) 午前5時

Meta Maskのインストール

iPhone11以降でのインストールに限定しています。
① 画像の通り拡張機能を選択します。

1 アップルストアでインストール
アップルストア
2 MetaMaskインストール
メタマスクインストール
3 MetaMask起動後パスワード作成
パスワード作成
4 シードの当てはめ
シードの当てはめ
5 ウォレット作成
ウォレット作成

6 アカウントスタート
アカウントスタート

Coston Testnetのセットアップ

ネットワークの設定

ネットワークの設定


ウォレット接続

Flare Financeに接続しないともらえません。

ウォレットの接続先

8 ネットワークの作成

ネットワーク名Coston Testnet
RPC URLhttps://coston.flare.network/ext/bc/C/rpc
チェーンID16
シンボルCFLR
ブロック エクスプローラーのURLhttps://flarescan.org
7 設定画面
設定
8 ネットワークの作成
ネットワークの作成
9 アドレスコピー
アドレスコピー

テスト通貨受け取り

Coston テストネットワークでFLRの取得

以下のボタンからリンクするWebページにいくと100FLRもらえます。一度受け取っても次の日にはまたもらうことができます。

FLRの蛇口

Ropsten テストネットワークでETHの取得

Ropstenは代替の蛇口があるのでこちらから入金してください。

ETHの蛇口1

ETHの蛇口2

送金

送金方法

10 アカウント選択
アカウント選択
11 暗号資産選択
暗号資産選択
12 暗号資産選択後
暗号資産選択後
13 数量選択
数量選択
14 送金
送金
15 送金後
送金後

トランザクションが通ったかどうかの確認1

トランザクションが通ったかどうかの確認2

手数料

ガス代というのがイーサリアムでかかる手数料があります。タイミングによって変動的に手数料は変わります。

https://x.flr.finance/

https://wrap.flr.finance/

https://farm.flr.finance/

余談

Costonと言う名称のひみつ

フレアのテストネットは、偉大な発明家、マーサJ.コストン(1826-1904)を偲んで祝うために名付けられました。

1826年にボルチモアで生まれたマーサコストンは21歳で未亡人になりました。亡くなった夫のノートブックで夜間の信号フレアの計画を見つけましたが、うまくいきませんでした。彼女は次の10年間、テクノロジーの再設計と完成に多大な労力を費やしました。

マーサ・コストンの発明は、南北戦争で北軍に決定的な優位性をもたらし、彼女が設立した会社であるコストン・サプライ会社は、1970年代まで営業していました。

マーサ・コストンについて(英語です。)

まとめ

Coston Testnetは送金方法を学びました。今後のFlare Networksはライトコインやドージコイン、ステラルーメンのFアセットを送金することで多大な利益を得ることができます。

Flare関連記事


通貨紹介
リップルがAirDrop Sparkトークンの発行時期と受取方法
リップル(XRP)保有でSparkトークンをエアドロップ国内取引所での受取方法

2020年12月12日にリップル(XRP)を保有していた人は無償でSparkトークンを取得できるエアドロップというイベントがあります。どうすれば受取れるのか受け取り条件は何か解説しています。

続きを見る


通貨紹介
Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の情報
Flare NetworksとSparkトークン(FLR)の正体と将来の展望

Sparkトークンとはどのような暗号資産(仮想通貨)なのか。まだ、ICO前なのに取引できるのはどうしてかさまざまな不明点があるので疑問を解消していきます。

続きを見る

フレアファイナンス

フレアファイナンスリンク集

-フレアネットワークス

© 2021 仮想通貨の学校