フレアネットワークス

Probity Vault清算とグローバル決済におけるAurei

Probity Vault 清算

ブラック・サーズデー

暗号資産では、ブラックスワンイベントは、市場の引き下げの中で、まれではあるが破滅的な期間です。最近の例では、2020年3月12日の「ブラック・サーズデー」として知られており、暗号資産が軒並み50~60%の価格下落を記録しました。この破壊的な期間中、ETHの価格は24時間で193ドルから95ドルに下落しました。MakerDAOでは、800万ドル以上が0ドルで清算されましたが、これは危機の際に何が問題になるかを示す例えです。

プロビティの金庫は、担保が健全なレベルを下回ると清算されるリスクにも直面します。Aureiのサプライヤーと借り手の両方のポジションは、担保の要件が満たされないと清算される可能性があり、そのプロセスは「ブラック・サーズデー」のような事態を避けるように設計されています。

供給者清算

サプライヤーは、必要最低限の担保レベルを維持しなければ、清算のリスクに直面します。サプライヤーの清算は、わずかなペナルティで担保をサプライヤーに返し、そのAUR資本は国庫から燃やされます。国庫が減ることで、金利が上がります。高い金利は借り手に返済のインセンティブを与え、ひいてはAURの国庫を再資本化することになります。また、高い利回りは、サプライヤーがより多くのAureiを鋳造する動機となります。

借り手清算

また、借り手は、ローンに必要な最低限の担保を維持する必要があります。担保の価値がこの閾値を下回ると、借り手の担保はAURで購入され、不良債権をカバーします。担保は、借り手にペナルティを与え、キーパー(不健全な金庫を清算するユーザー)にインセンティブを与えるために、割引価格で売却されます。収益は国庫に戻され、資本準備金が増加する。借り手の清算は、不良債権がカバーされて供給が増えるため、実際には金利の低下をもたらします。

借り手と供給者が清算されるときに担保比率が等しいと仮定すると(そして同じレートで清算されると仮定すると)、国庫の正味の差は0になり、したがってレートの正味のデルタも0になります。 清算は、借り手ではなく供給側だけが清算されるのでなければ、大きな存亡のリスクにはなりません。しかし、あらゆるエッジケースに対応できるようにしていきます。

グローバルネット決済

グローバルネット決済については、別の記事を作成する必要があります。簡単に言うと、グローバルネット決済は、国庫がAURの準備金を使い果たし(おそらくサプライヤーの清算が原因)、借り手が清算されず、金利が上昇しているにもかかわらず負債を返済していない状況で発生します。グローバル・ネット決済は、投票または一定期間後に流動性の低下を解決するために開始されます。ブラックスワン・イベントでは、通常、借り手も清算されますが、その場合、借り手の担保はAureiで購入され、トレジャリーの資本が回復します。

この記事を翻訳してます
Probity Vault 清算

-フレアネットワークス

© 2021 仮想通貨の学校