フレアネットワークス

FXRPホワイトペーパー1.0日本語訳|F-Asset

FXRPホワイトペーパー1.0

概要

FXRPは、フレアネットワーク上のXRPトークンを信頼性の高い形で表現したもので、XRP保有者はXRPトークンを使ったスマートコントラクトを利用できます。

このようなエコシステムにより、エージェントは手数料を得ることで参加するインセンティブを得られアービトラージも可能となります。

Flare Networks公式ページに3種類のホワイトペーパーが公開されています。すべて英語で公開されているため当ページで日本語化しています。公式のホワイトペーパーの最終更新日は2020年8月10日です。

今回は第2弾 FXRP Version 1.0を日本語化しました。

計算式がうまく表現できないところがあり正確に翻訳できていない部分が何か所かあります。そのため概念が理解できる程度の参考資料として考えてください。

しっかり計算式を理解したい人は元の資料をご参照ください。

はじめに

XRP Ledger(XRPL)は、分散型のグローバル決済および外国為替(FX)ネットワークです。そのネイティブトークンであるXRPは、流通しているトークンの時価総額で第4位の暗号通貨であり1、存在するトークンの総数を考慮すると第3位となります2。さらに、XRPLとリップル社のエコシステムは、最大かつ最も活発な開発者コミュニティの一つです。RippleNetとXRP Ledgerは、企業や機関での採用が進んでおり、Ripple LabsとXRPコミュニティは、分散型の決済・FXネットワークの構築に大きな成功を収めています。しかし、XRPLは決済とFXのユースケースに最適化されており、チューリングコンプリートのスマートコントラクトをサポートしていないため、他のユースケースでの利用には限界があります。

これまで、スマートコントラクトのプラットフォーム上で、ビットコインやXRP、あるいは米ドルなど、チューリング完全ではないトークンの価値を表現するための様々なアプローチがありましたが、いずれもシステムに一定の中央集権性をもたらしていました。一方、FXRPでは、分散型ネットワークであるFlare上で実行されるスマートコントラクトで管理される担保をロックしているため、信頼する必要のない幅広い参加者を活用することで、信頼性を実現しています。

Flareネットワーク[FN20]は、Avalancheプロトコル[Roc18]をベースに、FBA(Federated Byzantine Agreement)設定[CC19]で、Ethereum仮想マシンを統合した、新しいチューリング完全スマートコントラクトプラットフォームです。そのネイティブトークンであるSpark(スパーク)は、XRPのユーティリティフォークによって生成されています[FN20]。さらに、FlareはXRPの暗号化スキームを使用しており、XRPユーザーにとってはXRPLとFlareの利用を容易にできます。

Flareネットワークとスパーク・トークンは、XRPの実用性を大幅に向上させ、あらゆる分散型ユースケースでの使用を可能にするとともに、プロセス全体で信頼性を維持できます。Spark(スパーク)を担保として使用することで、FXRPと呼ばれる信頼性の高いXRPの表現が発行され、XRP保有者はフレアネットワーク上でFXRPトークンを使ったスマートコントラクトを使用できます。さらに、FXRPシステムと呼ばれるエコシステムは、取引の手数料を得ることで参加者にインセンティブを与え、XRPとXRPの裁定取引の機会を提供します。

本書では、FXRPシステムについて以下のように説明します。まず第2章では,FXRPのエコシステムを紹介するとともに,担保システムや手数料体系の概要を説明します。次に、第3章では、発行と償還のプロセスを紹介し、いくつかの例を挙げて説明しています。第4節では担保の管理について、第5節ではアービトラージの条件について説明します。最後に、第6節では、システムのガバナンスの側面について議論します。

FXRPシステム

FXRPシステムは、スマートコントラクトにコード化された一連の金融メカニズムであり、XRP保有者は、FXRPと呼ばれるXRPトークンの1対1の表現をフレアネットワーク上で作成し、交換できます。これを実現するためには、システムに参加するエージェントがSpark(スパーク)を担保として差し出し、その対価として手数料を得ることが必要となります。

FXRP - 信頼できる表現方法

Flare上でXRPの表現を無信頼かつ分散的に行うためには、まず、次のような仮定を立てます。指定された受益者がXRPを失った場合、当該受益者に代替資産を与えることで完全に是正されると仮定します。資産を授与することで完全に是正できると仮定します。

この仮定により、XRPと交換可能なFXRPと呼ばれる資産をFlare上に作成できます。FlareのネイティブトークンであるSpark(スパーク)[FN20]で担保されています。
定義 2.1. FXRPとは、Flareネットワーク上で発行されるXRPの表現です。
Spark(スパーク)は、XRP/スパークの為替レートで購入できます。
定義 2.2. XRP/Spark交換レートとは、1XRPで購入できるSpark(スパーク)の量です。

システム概要

FXRPは、オリジネーターと呼ばれるXRP保有者が、エージェントと呼ばれる当事者がXRPL上に維持している一連の口座にXRPを送ることで作成されます。
定義 2.3. オリジネーターとは、XRPL上のエージェントの口座にXRPを送ることで、フレアネットワーク上にFXRPを作成しようとする当事者です。

エージェントはFlareのネイティブトークンであるSpark(スパーク)を担保としてロックアップしており、これをもとにFXRPを発行・償還し、エージェントはリターンを得られます(2.4節参照)。この取引では、発起人は新たに作成されたFXRPを受け取るFlare上の口座を指定します。これは発行プロセスとして知られており、3.1節でさらに説明します。

また、FXRP保有者がFXRPをXRPに還元を希望する場合は、還元者と呼ばれます。

定義 2.4. 換金者とは、Flare Network上のFXRPをXRPL上のXRPに換金を希望する者を指します。
換金者は、換金を希望するFXRPの金額に加え、換金手数料と換金先のXRPLアドレスをFXRPシステムに送信します。そして、エージェントは、必要な量のXRPをXRPL上の換金者に送ることで、この換金要求を実現する義務があります。一定の時間が経過した後(XRPL上の閉鎖された元帳インデックスで測定)、換金者が換金したXRPの一部でも不足していた場合、エージェントの担保は、対応する価値のスパーク・トークンと、XRPを交換するための取引手数料を補償するマージンを換金者に払い戻すために使用されます。
XRPを交換するための取引手数料を補償するためのマージンを加えたものです。さらに、過失のあるエージェントにもペナルティが課せられます。これは償還プロセスとして知られており、3.2節でさらに説明します。

定義 2.5. FXRPシステムとは、Flareネットワーク上でFXRPを運用するスマートコントラクト(分散型プログラム)の集合体です。

Flare上のFXRPスマートコントラクトによって管理される担保システム(2.3節参照)は、XRP表現の信頼性の高い発行の基盤となっています。担保は、XRP/Sparkの為替レートの変動を考慮して、差し入れられた担保の合計額が、流通しているFXRPの合計額に、エージェントへの合理的な負の経済的ペナルティを加えた額を下回らないような十分な額でなければならず、償還要求はほとんどの場合、XRPで直接受けられるようになっています。

Collateral system(担保システム)

この担保システムは、FXRPをXRPLのXRPに換金する際に、代理人が換金取引を完了できなかった場合に、換金者に弁済を主な目的としています。担保として使用されるのは、FlareのネイティブトークンであるSpark(スパーク)です。各エージェントは一定量のSpark(スパーク)を担保として置きます(Spark Committed)。

定義 2.6. スパーク・コミット(SC)とは、各エージェントがFXRPシステムに保有するSpark(スパーク)の総量です。これは、最初のコミットメント量に、その後の追加や引き出しのための調整を加えたもので、すなわち、以下のようになります。
FXRP-1

これにより、Collateral Ratioで決められた所定の量のFXRPを発行できます。

定義 2.7. 担保比率 (Collateral Ratio) は、1 FXRP を確保するために FXRP システムがどれだけのSpark(スパーク)の価値を担保として保有するかを決定するシステム全体の価値比率です。当初、この値は2.5に設定されています。

これらの変数は、FXRP発行上限、すなわちFXRPを発行できる総量を決定します。
FXRP-Ledger-Flare-network

図1 FXRPシステムの概要 オリジネーターとリディエーマーは、XRPLのエージェント口座との間でXRPを送受信する。エージェントはFlare Networkに口座を持っており、スマートコントラクトで保有する一定の担保をロックアップしています。スマートコントラクトを保有しています。これにより、XRPの保有者はFXRPを作成・換金できるようになります。

定義 2.8. FXRP発行上限は、現在のシステムパラメータで存在しうるFXRPの総量です。

FXRP-2
例 2.1. XRP/Sparkレートが=0:5、CR=2.5の場合、FXRPを2枚発行するごとに2.5Sparkをシステムが保有する必要があります。オリジネーターが10 FXRPを発行しようとすると、これは5Spark(スパーク)に相当するため、最初は12.5Spark(スパーク)がFXRPシステムによって担保として保有されることになります。時間の経過とともに、この金額はXRP/Sparkの為替レートに応じて変動します。

エージェントが発行したFXRPの量が彼らのFXRPオープンです。

定義 2.9. FXRPオープンとは、各エージェントに割り当てられた存在するFXRPの総量です。各エージェントのFXRPオープンの合計は、システム全体のFXRPオープンの合計であり、存在するFXRPの合計でもある。

このように各エージェントは、FXRPを発行するために担保の一部が使用されることになり、これをUtilized Collateralと呼びます。

定義 2.10. Utilized Collateral (UC) は、あるエージェントのFXRPオープンに対してFXRPシステムが保有する担保の量であり、エージェントのSpark Committedから引き出されます。
FXRP-3

その際、FXRPの発行に使用されなかった担保が残っている場合があり、これを「残担保」と呼びます。これは追加の FXRP を発行するために使用でき、これを残余の発行能力と呼びます。

定義 2.11. 残った担保(RC)は、利用されていない担保の量であり、すなわちRC=SC - UCである。

定義 2.12. 残存発行能力(RIC)とは、残存担保から発行可能なFXRPの量です。

FXRP-4

各エージェントは、そのエクスポージャーの量を定量化する Agent Collateral Ratio を持つ。

定義 2.13. エージェント担保率(ACR)は、エージェントの個別担保率であり、次のように定義されます。

FXRP-5
担保システムは、以下の変数によって定義されます:コミットされたSpark(スパーク)、担保比率、発行されたFXRP、利用された担保比率、残りの担保、残りの発行能力、エージェント
担保比率です。

例2.2では、ネットワーク上に担保を保有するエージェントが4人いる場合に、これらの量を計算しています。

例 2.2. CR=2.5, = 0:5で、4人のエージェントがシステム上で担保を保有していると仮定する。エージェント1は450Spark(スパーク)をコミットし、残りのエージェントはそれぞれ150Spark(スパーク)をコミットし、合計900Spark(スパーク)を担保としてコミットしました(SC=900Spark(スパーク))。これにより、FXRPの発行上限は900(2.5*0.5)=720 FXRPとなります。ここで、600 FXRPがシステム上で発行され、各エージェントに分配されたと仮定します。エージェント1の場合,これは(450/900)*600=300 FXRPに相当し,これが彼らのFXRPオープンとなります.エージェントの利用している担保は、UC=300*0.5*2.5=375 Sparksと計算されます。つまり、彼らの残りの担保はRC=450-375=75 Sparksとなります。エージェント1の残りの発行能力はRIC=(75 (0.5*2.5))=60、担保比率はACR=450/(300*0.5)=3となります。これらの量を各エージェントごとに計算し、以下の表に表示しています。

Agent accountSCFXRP OpenUC (Spark)RC (Spark)RIC (FXRP)ACR
145030037575603
215010012525203
315010012525203
415010012525203
FXRP System Total9006007501501203

代理店手数料

エージェントは、Spark(スパーク)を担保として差し出すことで、FXRPの作成、FXRPの償還、担保の予約プロセスの3つの方法で手数料を得られます。すべての手数料は、取引サイズに対するパーセンテージで表されます。作成手数料は、FXRPを作成するためにオリジネーターがエージェントに支払う追加のXRPの金額です。同様に、換金手数料は、換金者がFXRPを換金するためにエージェントに支払う追加のFXRPの金額です。最後に、Collateral Reservation Fee(担保予約料)は、FXRPの作成を開始するために、潜在的なオリジネーターがシステムに支払う金額です。この手数料は、エージェントの担保にアクセスできなくすることに機会費用が発生するように要求されます。

定義 2.14. 作成手数料(CF)は、FXRP を作成するための XRP 単位のコストであり、オリジネーターが作成を希望する金額(Creation_amount)と、作成にかかるコスト(Creation_Fee_Rate)に依存します、すなわち

FXRP-6

定義 2.15. 償還手数料(RF)は、FXRP を償還するための FXRP のコストであり、償還者が入手したい金額(償還額)とそれを行うためのコスト(償還手数料率)に依存します。これは、換金者が入手したい金額(Redemption_amount)とそれを行うためのコスト(Redemption_Fee_Rate)に依存し、すなわち

FXRP-7

定義 2.16. Collateral Reservation Fee(CRF)は、作成プロセスにおいて担保を予約するためのSpark(スパーク)でのコストであり、オリジネーターが作成を希望する量とXRP/Sparkレートに依存します。

FXRP-8

すべての手数料は、[FN20]で定義されたスパーク・トークンの保有者からのガバナンスによって設定されます。作成手数料のみ、需要と供給に応じて変動させるべきである。担保予約料と償還料は低く安定しているべきです。そのため、創造手数料を変更するための投票閾値は、他の2つの手数料よりもはるかに低くなっています。

発行と償還

FXRP発行

FXRPの発行は、一連の流れで進みます。まず、XRPL上のXRP保有者がFlare上でFXRPの発行を希望します。Flare上でFXRPの発行を希望するXRPL上のXRP保有者、すなわちオリジネーターは、まずFlare上で担保容量を確保する必要があります。これは、担保予約取引(def.3.3参照)を提出で実施されます。予約取引(def.3.1参照)と担保予約料を提出で実施されます。

システムの発行残量が システムの残存発行容量が作成されるFXRPの量以上であり、Collateral Reservation Feeが正しい場合、システムは システムは取引式(TF)を返します。一方、利用可能な担保が不足している場合には ている場合、システムは Reservation Failed を出力し、Collateral Reservation Fee を返却します。Collateral Reservation Fee(担保予約料)をオリジネーターに返却します。

TF の発行と同時に、FXRP システムは、TF の配分に従って担保を移動します。TFの発行と同時に、FXRPシステムはTFの配分に従って、各参加エージェントの残存担保(RC)からエージェントの利用担保(UC)に担保を移動します。担保(UC)に移動します。これにより、参加エージェントおよびシステムの残りの発行容量(RIC)が減少します。
(RIC)が減少します。

定義 3.1. Collateral Reservation Transaction (CRT) は、オリジネーターからFXRPシステムに送信されるもので、以下の4つのフィールドで構成されます。

  • 作成される FXRP の量
  • 新たに作成されるFXRPが入金されるFlareアドレス
  • XRPの発信元となるXRPL口座
  • 送信されるXRPの総量(作成されるFXRPの量と作成手数料の合計)

これに対し、システムは、発信者がXRPL上でどのような取引をどのように行う必要があるのかを定義する情報を含む「取引式」を返します。

定義 3.2. トランザクション・フォーミュラ(TF)は、以下の4つのフィールドを指定する。

  • トランザクション識別子(XRP トランザクション・メモ・フィールドに含まれる特定のトランザクションに関連する 一意のコード)
  • 取引式配分(TFA):オリジネーターがXRPL上の各エージェントに送るXRPの量を指定するもので、各エージェントの残りの発行容量(RIC)によって比例配分されます(TFA_Agent = RIC_Agent RIC_System)
  • 項目2を完了させるために、エージェントのXRPアドレス
  • XRPL Last Ledger Sequence Number(XRPL上で取引が成立する最も高い元帳インデックス

取引式が発行されると、発信者は、XRPをXRPL上の代理人の口座に、TFで定められた方法と金額で送らなければなりません。すなわち、オリジネーターは、各取引のメモ欄に取引識別子を記載し、各取引は担保予約プロセスで指定されたXRP口座から発信され、各取引は最終元帳シーケンス番号で指定されたXRPL元帳のクローズまでに発生しなければなりません(定義3.2参照)。

最後の元帳シーケンス番号の基準は、その元帳番号で検証できない取引がXRPLで決済されることを排除します3。これにより、FXRPシステムは、台帳カットオフによって満たされない特定の取引識別子に対して担保を解除できます。さらに、FXRPシステムが担保を保有していないエージェントへのXRP取引が完了しないように、発信者を保護します。

Flareネットワークは、XRP元帳上のエージェントのアカウントの状態を継続的に消化します。各エージェント口座の最後の元帳シーケンス番号で指定されたXRPL元帳の検証後、取引識別子を参照して、TFで指定された口座からオリジネーターからエージェントに送金されたXRPの金額に対して、FXRPシステムは、TFで指定された金額を上限として、Flare上のオリジネーターのアドレスに同額のFXRPを発行します。

オリジネーターが特定のエージェントに多額のXRPを送信した場合やその他のエラーが発生した場合など、その他の結果についてはシステムでは修正できませんのでご注意ください。

FXRPの償還

FXRPをお持ちの方が、お持ちのFXRPをXRPに交換したい場合があります。この場合、FXRP保有者はFXRPシステムに償還トランザクションを送信する必要があります。このトランザクションには、償還される金額のほか、関連するXRPLおよびFlareのアカウント情報が含まれます。

定義 3.3. 償還取引は、償還者からFXRPシステムに送信され、その内容は以下の通りです。

  • 償還を希望するFXRPの金額と償還手数料。
  • 償還されたXRPをクレジットするXRPL口座の指定
  • 償還の全部または一部が失敗した場合に入金するためのフレア口座の指定。

エージェント償還式は、参加している各エージェントに送信され、他のフィールドに加えて、エージェントの償還割り当てを指定します。すなわち、FXRPシステムは、各エージェントの利用している担保に対して、エージェント間で償還を配分します。すなわち,FXRP システムは,各エージェントの利用した担保に応じて,エージェント間で償還を配分する。

定義 3.4. エージェント償還式(ARF)は、FXRPシステムからエージェントに送信され、次の3つのフィールドを指定します。以下の3つのフィールドを指定する。

  • 特定の換金取引とエージェントに固有の換金識別情報
  • クレジットする換金者の XRPL アカウントの指定
  • エージェント償還割り当て(ARA)、ARA= Redemption_Amount * (UC_Agent UC_System)
  • 償還者の口座にXRPが入金されるまでの最後の台帳のシーケンス番号

この時点で、各エージェントは、ARFで指定された正しい金額を、指定された最終元帳シーケンス番号で指定された口座に送れます。各エージェントは、ARFで指定された正しい金額を、指定された最終台帳のシーケンス番号で、指定された口座に送ることになります。これを怠るとペナルティが課せられます。より具体的には、表1にまとめられている償還 サイクルを定義しています。

ステージエージェントが送る金額代理店が受け取る料金Redeemerの受信
サイクル1全額手数料を受け取る全額 XRP
部分的報酬を受け取っていないパーシャルXRP
サイクル2全額サイクル1で送信した分の手数料全額 XRP
失敗相当額のSpark(スパーク)
満たされていない量に対する償還金
達成できなかった分の償還失敗手数料

表 1: 償還サイクル エージェントは、損失を被る前に償還を完了するために2サイクルを持っています。もしエージェントが 2サイクル目の終わりまでにエージェントが全額のXRPを換金者に送れば、1サイクル目に送った分の手数料を得られます。

これに失敗すると、換金者に同額のSpark(スパーク)が付与されるとともに、いくつかの代償となる 報酬を得られます。さらに、エージェントはこの交換額に関連する残りの担保の50%を失い、残りの残高は返却されます。残額が返還されます。

償還サイクル1

各エージェントは、エージェント償還割り当てで指定された量のXRPを、XRPL上の償還者のアドレスに確実に転送する義務があります。Redemption Identifierは、XRPが必ずしもXRP上のエージェントのリストされたアドレスから発信される必要がないように、償還義務を果たすための異なるアドレスを可能にします。なお、この機能は不履行に対するペナルティをエージェントから第三者に移すものではありません。

FXRPシステムでは、XRPLの状態をダイジェストで確認します。XRPL上の指定された台帳インデックスの検証後、各エージェントについて、RFで指定された金額までのXRPが、償還識別子を参照して償還者の口座に到達した場合、FXRPシステムは、同等の価値の担保をエージェント利用済み担保からエージェント残額担保に移動させます(履行されなかった償還金額は担保のままです)。
担保されたままです)。)

割り当てられた換金取引を完全に完了したエージェントについては、換金フィーの比例配分がそのアカウントに送られます。

償還サイクル2

各エージェントについて、指定された元帳インデックスまでに換金者に到達していないXRPの量について、FXRPシステムは、残りの量が換金者の口座に到達していなければならない2番目に指定された元帳のシーケンス番号を発行します。

FXRPシステムが2番目に指定された元帳までの元帳の検証を消化した後、いずれかのエージェントが割り当てられた償還取引を完全に完了した場合、そのエージェントは償還サイクル1のみで償還者に到達した金額に対する償還手数料の比例配分を受け取ります。

残りの換金手数料は焼却されます。

償還の失敗

指定された2つ目のXRPL台帳が検証された後、割り当てられた償還取引にいくらかでも不足している各エージェントに対して、償還者は不足しているXRPの価値をスパークトークン(瞬間的な実勢レートで)でエージェントの担保から引き落とし、指定されたFlareアドレスに送付されます。

さらに、換金者には、満たされなかった金額に応じた換金手数料が返金されるとともに、満たされなかった金額に応じた換金失敗料が付与されます。償還失敗料は、償還取引が開始された後に変更された可能性のあるXRP/Sparkの実勢レートで、不足分のXRPの償還料に相当します。これは、Spark(スパーク)を使って不足分のXRPを取得するための取引コストを確実にカバーするためです。

債務不履行のエージェントは、この不足している換金額に関連する残りの担保の50%を失い、これは破棄されます。担保の残額はエージェントに返却されます。

償還プロセスの実例

以下の例では、サイクル 1、サイクル 2、および交換失敗時の交換プロセスを、変動する為替レートで示しています。これは、換金者が、換金が要求された瞬間からレートの価格変動にさらされることがないことを強調するためである。

例 3.1. 以下では、例2.2と同様に、=0:5、SC=900、CR=2.5、IC=720 FXRP、600 FXRPがこれまでに発行されたとします。アリスさんは換金したい150 FXRPを持っています。換金手数料が換金総額の1.5%とすると、彼女は2.25 FXRP、つまり1.13Spark(スパーク)をシステムに送らなければなりません。換金手数料の配分はFXRP_Openに基づいており、以下のように4つのエージェントに分配されます。

エージェントアカウントFXRPオープン償還充当率(%)アリスの換金(FXRP)
13005075
210016.6725
310016.6725
410016.6725
FXRPシステムトータル600100150

次に、償還が起こる。エージェント1とエージェント4が最初のサイクルで償還の割り当てを完了するとする。エージェント2は、第1サイクルで部分的に完了し(つまり、支払うべき25XRPの代わりに15XRPを送る、つまり、支払い総額の60%を支払う)、第2サイクルで完全に完了します。エージェント3は全く完了しません。

このように、エージェント1、2、4は、第1サイクルで償還した金額に基づいて手数料を受け取りますが、エージェント2に支払うべき手数料の残額は焦げています。なお、エージェント3に関連する換金手数料は焼失していない。これをまとめたものが以下の表です。

エージェントアカウント 第1サイクル終了までに
受け取ったXRP
第2サイクル終了までに
受け取ったXRP
当初の比例配分手数料
(スパーク)
フィーシェア
(スパーク)
燃やした手数料
(スパーク)
175750.560.560
215250.190.110.08
3000.1900
425250.190.190
FXRPシステムトータル1151251.130.860.08

償還された分の担保がUCからSCに移動します。最初の償還サイクルの終わりまでに、XRP_Spark価格は=0:52まで上昇しました。手数料が口座に送金されました。為替レートが変わったため、UCとRCが更新されています。この結果、SC=900.86、FXRP発行上限=692.97 FXRPとなりました。

アカウントエージェントSCFXRP OpenUC (Spark)RC (Spark)RIC (FXRP)ACR
1450.56225292.5158.06121.593.85
2150.1185110.539.6130.473.40
31501001302015.382.89
4150.197597.5412.69317.453.85
FXRPシステムトータル900.86485630.5630.36484.893.57

償還サイクル2の後、エージェント2は償還取引を完了しましたが、エージェント3は不足したままです。XRP/Sparkの価格は現在0.53に上昇しています。

システムは今、新しいレートのデフォルトに基づいてアリスに補償しなければなりません(アリスは不足したXRPを正確に交換できるはずで、価格リスクにさらされるべきではないからです)。

アリスはエージェント3の手数料、つまり0.19Spark(スパーク)を返金され、25XRPを受け取ることになっています。新しい為替レートでは、これは13.25Spark(スパーク)に相当し、0.19875の償還不履行手数料(1.5%)がかかります。エージェント3のアカウントは以下の表で示されます。

Agent 3FXRPSpark
FXRP_Open100
UC132.5
アリスの償還に関わる担保33.125
アリスへの担保提供による支払い13.449
RC19.676
burn 50%9.838
返還された担保9.838

すべてが完了した後、システムは償還サイクル2の終わりに達しました。現在、=0:53、CR=2.5、SC=877.573スパーク、発行キャップ=663.32FXRP、そのうち450枚がこれまでに発行されています。

Agent accountSCFXRP OpenUC (Spark)RC (Spark)RIC (FXRP)ACR
1450.56225298.125152.435115.0453.78
2150.117599.37550.73538.293.78
3126.7137599.37527.33820.6333.19
4150.197599.37550.81538.3513.78
FXRPシステムトータル877.573450596.25281.323212.3193.68

この例では、エージェント側と換金者側の両方で、換金プロセスの様々な段階を説明しています。また、エージェントが提供し、システムが保有する担保が果たす重要な役割についても説明しています。

担保 マネジメント

システムが保有する担保により、FXRPシステムの利用者は、システムに送られてきたXRP資産をいかなる状況でも失うことがないという保証を得られます。システムに送られたXRP資産を失うことがないことを保証するものです。そのため、FXRPシステムでは、システムの存続のために、各エージェントのACRが強く求められます。システムの存続を維持するために、各エージェントのACRが強く求められます。

これは、4.1項で定められた管理基準によって把握されています。さらに 各エージェントのACRは、時間の経過とともに、XRP/Spark価格の変動やエージェントの判断によって変動します。また、各エージェントのACRは、XRP/Spark価格の変動や、担保の追加や削除、ポジションの解消など、エージェントの判断によって変動します。

管理基準

FXRPシステムの担保基準は、各エージェントのエージェント担保比率が担保比率よりも厳しく維持されなければならないという単一のものです。

これは、FXRPシステムの信頼性を高めるためであり、システムが常に担保過剰であることにより、エージェントの償還不履行に対する持続的な強い経済的インセンティブを生み出すものです。これを維持するために、Collateral Call Bandが導入されます。

担保コールバンド

定義 4.1. コラテラル・コール・バンド(CCB)とは、定義された担保比率以下の狭い帯域で、個々のエージェントのエージェント担保比率が、限られた時間、例えばn1ブロックの間、持続する可能性があり、その間、エージェントは行動を起こさなければならない。

本書では、CR=2.5の場合、コラテラル・コール・バンドは2.45と2.5の間に設定されています(2.45 CCB < 2.5)。エージェントのACRがCCBに落ちたとシステムが最初に観測してから、エージェントはn1ブロックの間に、追加のSpark(スパーク)を掲示するか、FXRPシステムにFXRPを送ることでFXRPオープン(したがって利用担保)を減らすか、またはその両方を組み合わせて、エージェントの担保比率が2.5以上に戻るようにします。n1ブロック後にエージェントのACRがまだ2:5を下回っている場合、またはエージェントのACRが1.45を下回っている場合、FXRPシステムはエージェントのSpark(スパーク)担保を使用してエージェントが発行したFXRPを買い取ります。これを行うために、システムはエージェントが発行した金額に等しいFXRPをXRP/Sparkの為替レートで入札します。失敗した場合、システムが必要な量のFXRPを取得するまで、mブロックごとに入札が増加します(mはシステムパラメータ)。FXRPを取得すると、FXRPは削除され、システムはエージェントに残額を返却します。

システムが決定する担保の調整 - XRP/Spark価格

XRP/Spark価格は、各エージェントが保有する利用可能な担保の量を変化させます。他のすべての要素が一定で、各エージェントのエージェント担保比率の範囲内であれば、XRP/Sparkレートの変動は、担保を「利用済み担保」と「残りの担保」の間で行き来させます。

XRP/Sparkレートが上昇した場合(XRPがSparkに対して上昇した場合)、エージェント担保比率が担保比率に近づくまで、エージェントの残存担保残高から担保が引き出されます。逆に、XRP/Sparkのレートが下がった場合は、利用担保が減り、残りの担保が増えます。どちらの場合も、他のすべての要素が一定であれば、残りの発行容量は定義2.12の通りに変化します。

例 4.1. 例 2.2 のシステムを考えてみましょう。次に、システムの担保とCRは一定ですが、為替レートが=0:55に変更されたとします。これは、更新されたFXRP発行上限の514.286FXRPに相当し、各エージェントの担保とエクスポージャーに影響を与えます。

エージェント1の場合、利用される担保はUC=412.5となり、RC=37.5、RIC=27.27、ACR=2.73に更新されています。次の表は、各エージェントとシステムの更新された状態をまとめたものです。

Agent accountSCFXRP OpenUC (Spark)RC (Spark)RIC (FXRP)ACR
1450300412.537.527.272.73
2150100137.512.59.092.73
3150100100137.512.52.73
4150100137.512.59.092.73
FXRPシステムトータル9006008257554.542.73

エージェントが決定した担保の調整

エージェントは、いつでも担保の追加や削除を選択でき、また、システムからの退出(ポジションの解消)も可能です。ポジションを解消できます。

担保の追加

エージェントは、いつでもSparkを担保として追加できます。

担保物件の撤去

エージェントは任意の量の残存担保を取り除けます。定義上は、エージェントが未決済のFXRP_Openを持っている場合、残りの担保をすべて取り除くとエージェントの担保比率は2.5になります。したがって、エージェントは価格変動に備えていくらかのマージンを残しておくことが有用であると考えられます。

例 4.2. 次に、例4.1のシステムを考えてみましょう。為替レートが=0:4に変更され、エージェント2は担保から30Spark(スパーク)を外すことを決定し、SCを150から120に減らしました。その結果、SCの合計も900から870に減少しました。エージェント2の残りの担保も、RIC=20、ACR=3となり、20に減少します。

Agent accountSCFXRP OpenUC (Spark)RC (Spark)RIC (FXRP)ACR
14503003001501503.75
212010010020203
315010010050503.75
415010010050503.75
FXRPシステムトータル8706006002702703.625

ポジションの巻き戻し

エージェントは、FXRPを取得してFXRPシステムに送信することで、自分のFXRP_Openの残高を減らせます。したがって、システムからの退出を希望するエージェントは、発行したものと同量のFXRPをFXRPシステムに送れます。

これにより、エージェントの使用済み担保はゼロになり、残りの担保はコミットしたSpark(スパーク)の100%になります。その後、FXRPシステムからすべてのCollateralを取り除けます。

XRP-FXRPアービトラージ

1FXRPを1XRPに交換するのがFXRPシステムの基本であり、さらに裁定基準によって強化されています。実際、システム内に十分な担保があるにもかかわらず価格が一線を越えてしまった場合、裁定基準を利用して利益を得られ、全体として価格を元に戻せます。

XRP_priceを米ドルなどの基本通貨でのXRPの売買価格とし、FXRP_priceを同じ基本通貨でのFXRPの価格とします。利益の出る裁定取引は2つの方法で発生します。第一に、ある量のx FXRPを作成し、それを作成コストよりも高い価格で売ることが可能な場合。第二に、FXRPを直接購入して、購入価格と手数料よりも大きなXRPの価値で換金が可能な場合。

これにより、XRP価格に対するFXRP価格の裁定範囲が形成され、それを超えるとFXRPの作成や換金が有益になるため、供給が修正され、FXRP価格が裁定範囲内に戻ることになります。これにより、FXRPの価値はXRP価格と密接に結びついたままとなります。これは、XRP価格に対するFXRP価格の理論的な公正価値と考えられます(FXRPシステムが十分に担保されていると仮定した場合)。

FXRPの販売

ある量のx FXRPを売るためには、まず、x XRP_priceというコストで、ある量のx XRPを購入する必要があります。次に、FXRPを米ドルでx (Creation_Fee_Rate + 0:001)XRP_priceのコストで作成できますが、これは作成手数料と担保予約手数料で構成されています。

最後に、作成されたFXRPは、米ドルでx FXRP_selling_cost XRP_priceのコストで取引所に直接売却できます。ここで、FXRP_selling_costは、FXRPを選択されたベース通貨に売却するために取引所が課すパーセンテージです。
FXRP-9

FXRPの購入

また、FXRPを取引所から直接購入して、それを換金が有益な場合もあります。yFXRP_priceFXRP_buying_cost(FXRP_buying_costは、FXRPを選択したベース通貨に買い付ける際に取引所が課すパーセンテージです)の米ドルコストで、例えばy個のFXRPを取引所から直接購入します。それを換金してXRP(または、エージェントの換金不履行の場合には、Spark(スパーク)での等価値)を得るためのコストは、y Redemption_Fee_Rate FXRP_priceとなります。したがって、総コストは

FXRP-11

ガバナンス

FXRPは、[FN20]で示されたガバナンスシステムに従って、Sparkトークン保有者によって統治されます。各スパークトークン(spark token)は1票に相当します。異なる決定はFXRPに異なる影響を与えるため、3つの決定ルールが規定されています:単純多数決(定義6.1)、超多数決(定義6.2)、超超多数決(定義6.3)です。これらはそれぞれ、投票プロセスに参加するスパークトークン(spark token)の数や、議案が可決されるための投票数に特定の要件を置いています。

定義 6.1. 単純多数決の場合、厳密には50%以上のスパークトークン(spark token)が賛成票を投じ、かつスパークトークン(spark token)総数の30%以上の投票があれば、その議案は確定します。

定義6.2. 超多数決では、スパークトークン(spark token)の3分の2以上の賛成票が厳密にあり、かつスパークトークン(spark token)全体の50%の最低投票数があれば、その命題は確定する。

定義 6.3. 超超多数決では、スパークトークン(spark token)の80%以上の賛成票があり、かつスパークトークン(spark token)全体の70%以上の最低投票数があれば、その命題は確定する。
.
変数は、下表のカテゴリーに分類されるように設定されています。変数のカテゴリーを変更するには、コードの更新が必要です。

表2は、自動化された変数の判定カテゴリを示しています。

シンプルマジョリティースーパーマジョリティースーパースーパーマジョリティー
作成料担保比率一般業務手順書の変更
償還金その他のコード変更
担保予約金
コラテラル・コール・バンド
緊急時の対応

表2: 決定カテゴリー

-フレアネットワークス
-

© 2021 仮想通貨の学校