国内取引所

暗号資産の海外取引所Bitrue(ビットゥルー)で始めるメリット

概要

Bitrue(ビットゥルー)という海外の暗号資産取引所についての紹介です。中級者向けの取引所です。

Bitrueのサービスは日本の取引所にはないサービスも多くあるので見ていきます。特にXRPやFlare関連の取引をしたい方におすすめの取引所です


Bitrue(ビットゥルー)口座開設はこちら

取引所の特徴

Bitrueとは

Bitrueはシンガポール発の多くの仮想通貨取引所の一つで、2018年7月にローンチされました。

シンガポールは、香港と同じく、アジアで最も多く仮想通貨取引所を生み出している国です。かなりのシェアがあります。しかし、他の多くの取引所とは異なり、Bitrueは台湾とシンガポールの両方に本社があり、米国とヨーロッパにも支社があります。

Bitrueを運営しているチームは「Capital Oneのシニアマネジメントチーム」で構成されており、CEOは仮想通貨業界の顔であるCuris Wang氏です。

IOU取引

IOUとは、債務者が債権者に対して発行する非公式の借用証明書のことです。簡単に言うと公開前の案件数の上場(ICO)前に取引するために借用証書で取引をすることができます。

上場後にICOトークンを手にする権利を得ることができます。FlareのSparkトークンが現在IOUとして取引されています。

機能の操作性

・海外の取引所でありながら日本語対応していますのでわかりやすくなっています。

取り扱い通貨

日本の取引所で取り扱っていない人気のある暗号資産はほぼBitrueで取り扱っています。

240銘柄程度の暗号資産の取扱いが可能です。

・BTC(Bitcoin)との暗号資産ペア60銘柄程度
・USDT(Tether)との暗号資産ペア90銘柄程度
・XRP(Ripple)との暗号資産ペア60銘柄程度
・ETH(Etheriem)との暗号資産ペア30銘柄程度

ただし、対日本円に対する案件数のペアはありません。

注文方法

指値注文

Bitrueで指値注文はTrigger Orderという名称です。

市場の最新価格がトリガー価格に達すると、注文は事前に設定された指値と数量に従って自動的に価格設定されます。

成行注文

Bitrueで成行注文はMarket Orderという名称です。

現在の市場の価格で取引できます。

逆指値注文

できません。

マーケットオーダー

大幅な価格変動がお客様の収益性に大きく影響することを防ぐため、現在の市場価格の±10%の範囲内でのみ、他の注文とのマッチングを行います(買い市場の注文は、現在の市場価格*110%まで、売り市場の注文は、現在の市場価格*90%まで)。この価格帯を超えた場合、システムは自動的に注文を停止します。

チャートの使いやすさ

一般的な仮想通貨のチャートです。TradeingVierを利用しているのでbitbank等日本の取引所と同じチャートを利用することができます。

セキュリティ

あなたの暗号通貨は貴重です。私たちの多くは、貯蓄のかなりの部分をゆっくりとこれらのコインに変換してきました。これは、デジタルファイナンスの新しい波を表していると確信しており、従来の政府や金融機関の格差や貪欲に負けない公正な金融サービスにアクセスできるようにするためです。機関。

非常に多くの生計が危機に瀕しているため、Bitrueでは、お客様の資金を可能な限り安全にするためにできる限りのことを行うことが不可欠です。過去数年間に開発した機能のいくつかを共有したいと思いました。これらの機能は、今後何年にもわたって貯蓄を安全に保つように設計されています。

コールドウォレット

ユーザーがBitrueに資金を入金すると、すぐに当社独自のマルチシグコールドウォレットストレージソリューションに移行します。コールドウォレットはオフラインであるため非常に安全であるため、ハッカーがBitrueのシステムにアクセスできたとしても、これらのコールドウォレットに確保された資金にはアクセスできません。マルチシグとは、このウォレットでトランザクションが発生したときに、複数のBitrueチームメンバーがパスワードを入力する必要があることを意味します。つまり、会社の不正な従業員が自分で資金を盗むことはできません。

ユーザーは、このリンクでいつでもXRPコールドウォレットのステータスを確認できます。

デバイスとIPのホワイトリスト

2020年9月にリリースされたばかりの新機能であるホワイトリストでは、リクエストの送信元のデバイスとIPアドレスが、事前に承認したリストと一致する場合にのみ、引き出しを許可します。ハッカーがあなたのアカウント名とパスワードを盗んだとしても、デバイスとIPが認識されないため、ハッカーの引き出しはブロックされます。アカウントのセキュリティを最大化するために、少なくとも信頼できるデバイスをアカウントに追加することを強くお勧めします。

現在、この機能はAndroidとiOSでのみ利用できますが、まもなくWebバージョンで利用できるようになります。

電子メールの安全コード

ログイン通知など、Bitrueから特定の機密性の高い電子メールを受信すると、メッセージの上部に電子メールの安全コードが表示されます。このコードは、アカウントに関連付けられているコードと常に一致している必要があります。このコードは、BitrueのWebバージョンのアカウントページにアクセスすることでいつでも表示および変更できます。コードが一致しない場合は、Bitrueチームによって実際に送信されていないフィッシングメールである可能性が高いため、内部のコンテンツに注意してください。

アカウントのロックダウン

ログイン通知メールには、特別なアカウント無効化リンクが付いています。これはあなたにとって緊急のボタンです-予期しないログインメールを突然受信し、誰かがあなたのアカウントに不正にアクセスした疑いがある場合は、すぐにアカウントをロックして、資金が送金されないようにすることができます。

保険基金

そして最後に、万が一、取引所から資金が盗まれた場合に備えて、3800万のXRPと4000万のBTRを含む別の保険基金があります。この基金からのコインは、Bitrueのせいであった盗難に関与したユーザーに報酬を与えるために販売されます。それは、それらがどのような形をとるか、そしてそれらがあなたのアカウントでアイドル状態にあるか、Power Piggyに投資されているか、または他のどこかに関係なく、Bitrue上のすべてのコインをカバーします。

Bitrueは、これらの機能のいくつかを提供した業界初の取引所でした。これは、私たちのチームの強力なサイバーセキュリティの背景を反映しています。今後も、すべての人の資産を完全に安全に保つための機能をさらに開発していきます。

Bitrue(ビットゥルー)口座開設はこちら

入出金

この取引所では、米ドルまたはユーロを入金する場合、クレジットカードで入金できます。当社Cryptowisserでの情報によると、プラットフォームは現在、他の6つの法定通貨でもクレジットカードによる入金を可能にするために取り組んでいます。ただし、電信送金によるデポジットはできません。

クレジットカードでの入金は特に新規の仮想通貨投資家にとってはありがたいはずです。法定通貨入金もここでは可能なので、この取引所は「初級レベルの取引所」として適しています。

海外取引所なので日本の銀行口座での入出金は対応してません。

日本の取引所に一旦XRPを送って日本の取引所で日本円に決済することになります。

会社の信頼性

会社概要

2018年7月に設立されたBitrueは、XRPを基軸通貨とするシンガポールが拠点の取引所です。

口コミ評判

複数口座開設するメリット

初心者はまず1つの口座で慣れることがいいですが、取引に慣れてきたら仮想通貨の取引口座は複数あった方がいいです。

理由は取引所の機能やサービスが異なるため暗号資産によって取引所を変えて最大限のメリットを引き出すことができるからです。

例えば、以下の機能があります。
  • ビットコインでビックカメラの買い物をすることができる取引所(Bitflyer)
  • 暗号資産を貸し付けることによって利息を得ることができるレンディングサービスがある取引所(bitbank)
  • ステーキングができる取引所(Kraken)
  • 公共料金をビットコインで支払うサービスのある取引所(coincheck)
また、チャートの機能についても様々で使いやすいチャートも人それぞれです。自分の使いやすいツールを利用することをおすすめします。

まとめ

シンガポールの取引所は世界的にも進んでいます。その中でも人気の取引所です。しかも情報は早く話題の暗号資産はまず取扱います。特にFlareNetworksに関連する銘柄の情報はいち早く取り上げるので口座開設だけでもしてみてはいかがでしょう。

Bitrue(ビットゥルー)口座開設はこちら

-国内取引所

© 2021 仮想通貨の学校